「ブラック・スワン」や「オーシャンズ12」などに出演しているものの、映画ファン以外からはイマイチ知名度がないヴァンサン・カッセル。

そんなヴァンサン・カッセルも話題作「美女と野獣」と「ジェイソン・ボーン」に立て続けに出演し、一般ファンにも名前が知れ渡りそうな気配です。


そんなカッセルが野獣役を演じて話題になった、実写版「美女と野獣」のあらすじやキャストをご紹介します。

美女と野獣のあらすじ


mendounamasa.info

ベルは裕福な家庭だったが、商人の父親が所有する船が遭難してしまい、あっという間に貧乏生活になってしまいます。


厳しい借金の取り立てに父のマキシムが森へと逃げると、バラに覆われた古城を発見しました。

そこにあった土産物とバラを持ってマキシムが家に戻ろうとすると、突然野獣に襲い掛かられます。

バラを盗んだマキシムを殺そうとする野獣ですが、家族に別れを告げたいというマキシムを1日だけという約束で家に帰します。


マキシムから野獣の話を聞いたベルは、父の身代わりに古城へと向かいました。

孤独な野獣と美しい少女ベルとの生活が、始まります。

美女と野獣のキャスト

野獣役のヴァンサン・カッセルは勿論のこと、ベル役のレア・セドゥも今大注目の女優です。

「美女と野獣」がキッカケでブレイクしそうな主役二人をご紹介します。

野獣役/ヴァンサン・カッセル


www.moviecollection.jp

カッセルはフランス出身の俳優です。

主役を張って目立つタイプの俳優ではありませんが、「ジャンヌ・ダルク」や「オーシャンズ12」などの話題作にも出演している名脇役です。

演技力にも定評があり、「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part1 ノワール編 」ではフランスのアカデミー賞であるセザール賞を受賞し、東京国際映画祭の男優賞も受賞しています。


そんなカッセルが演じる野獣は悲しい過去を持つ元王子で、野獣としての激しい一面と王子としての優しさ、この両極端な姿をカッセルは見事に演じ切っています。

ベル役/レア・セドゥ


blog.livedoor.jp

レアもフランス出身の俳優です。

「マリー・アントワネットに別れをつげて」でセザール賞にノミネートされると、出演作「アデル、ブルーは熱い色」がカンヌ映画祭のパルム・ドールを受賞し、一躍レアの名前が世に知れ渡りました。

その後も「007 スペクター」でボンドガールを演じるなど、これからが期待される若手女優です。


そんなレアが演じるのは美しい少女、ベルです。父親を案じて自ら野獣の元へ行く献身さ、そして見た目に惑わされずに相手の事を判断するその美しい心。

そんな身も心も美しい少女を演じるレアの高い演技力は、ベテラン俳優カッセルにも引けを取りません。

まとめ

ヴァンサン・カッセル主演の「美女と野獣」は主役2人の高い演技力もあり、ディズニーアニメ版と引けを取らない素晴らしい映画に仕上がっています。

これから間違いなく一般にも名前が売れてくる俳優であるヴァンサン・カッセルとレア・セドゥ。

この2人の出世作としてご覧になるのはいかがでしょうか。

dTVの無料期間で見ることができます。(2016年9月30日現在)
「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス