スカッとできると話題のドラマ「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」。

ドラマでは主人公倉永晴之(演者:田辺誠一)の身に様々なトラブルが起こります。


「こんなにトラブル続きの晴之。最後どうなってしまうの?」


と思われているのではないでしょうか。

そんなモヤモヤを解消するため、原作小説を元にドラマ「とげ」のラストをネタバレしちゃいます!

スポンサーリンク


「とげ」のネタバレ

「とげ」のラストはズバリ


”倉永晴之が市議会議員になって市の改善に取り組みます。”


市役所の名ばかり係長で雑用ばかりをこなしていた晴之。

「市議会議員になんてなれるの?」と思われますよね。

トラブルを抱えてばかりだった彼が市議会議員になるまでの物語をさらにネタバレします。

市長の不祥事

職場でも、家庭でもトラブル続きの晴之。晴之のストレスは最高潮を迎えます。

そんな最中に市長と揉め合いになり、晴之が被害者となる傷害事件が発生。

cvrqud3vmae2pnb
pbs.twimg.com

市長は権力を乱用し、傷害事件のもみ消しを図ろうとします。

現市長への不満を持つ職員達の後押しもあり、市長は退職を余儀なくされます。

晴之の出向。さらなる問題が発生!?

晴之の願いで、市役所の相談室から資源の再利用をする会社へ出向することに。

市民のプレッシャーから逃れられ一安心する晴之。


しかし、彼の出向先の代表が会社の金を横領する事件が発生。

代表不在の会社は解散し、晴之はひとり残務処理を行うことに。

その時、晴之はあることを思いつきます。


「市議会員へ立候補しよう。」

晴之が市議会員へ立候補

市を良くしていきためには、自身が市議会員になって市を変えていくのがよいという考えに達した晴之は市議会員になることを決意します。

無名の一市民がいきなり市議会員に立候補したところで当選する見込みが無いことは承知ですが、晴之にはある秘策がありました。


「公共広告機構の絵が晴之に似ている!」


広告はちょうど選挙と同時期にテレビCMが流れ、晴之は一躍有名人になります。

世間の流れは晴之の思惑通りです。

衝撃のラスト!晴之お手柄で市議会議員に当選

連日、公園への落書きで悩まれていた市役所。

晴之が公園に立ち寄ったとき、落書き犯と思われ男に遭遇し追いかけようとするも、犯人は逃走。

その際に、犯人の手から紙が落ち、そこには次に行われる落書きについて書かれていました。


晴之は先回りし、落書き犯を待ち受け犯人確保。

お手柄の晴之は市民から信頼を得て、市議会委員に当選しました。

スポンサーリンク


ネタバレまとめ

土曜ドラマ「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」を衝撃のラストをまとめました。

小説を元にまとめていますのでドラマとは結末が異なるかもしれませんが、晴之の逆襲劇を見届けたいです。

個人的には田辺誠一“画伯“が市民に絵を披露するという結末は来ないのかと淡い期待も抱いております。
田辺誠一が画伯?土曜ドラマ「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」キャスト