2002年公開の映画「戦場のピアニスト」のあらすじと感想・評価をまとめます。

実話だという噂だけ耳にして、まだ見ていない人もいらっしゃるのではないでしょうか?


物語の背景を簡単にお話ししつつ、実話なのか、映画の内容はどのようなものなのかご紹介します。

「戦場のピアニスト」の概要

6e68a7abb34787b782ac26450b60744c
blog.goo.ne.jp

実在したピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの実体験を基にして作られた映画です。

もちろん映像作品ですから脚色はされていますが、本人の実体験をストレートに伝えられているため実話と言えます。


映画界の中でも高く評価されており、カンヌ映画祭のパルムドール賞を受賞。

主演のエイドリアン・ブロディがアカデミー主演男優賞を受賞したことでも話題となりました。


ユダヤ人の迫害が描かれている作品には「シンドラーのリスト」「ライフ・イズ・ビューティフル」などがありどちらも名作ではありますが、「戦場のピアニスト」こそ戦争映画の最高傑作と呼ぶ声も多く、映画好きなら一度は見ておきたい作品です。

感想はネタバレを含みますので、ネタバレを見る前に映画を見ておきたい方はU-NEXTで見れますので、以下のリンクからどうぞ。
U-NEXT 戦場のピアニスト

戦場のピアニストのあらすじ

舞台はポーランドのワルシャワ。

ユダヤ人のウワディスワフ・シュピルマンはピアニストとして活躍していましたが、そんな中第二次世界大戦に巻き込まれてしまいます。

シュピルマンが収録していたラジオ曲も爆撃に会いますが、シュピルマンはなんとか逃げ延び帰宅。

イギリスとフランスがドイツに宣戦布告したことを耳にして家族と安堵します。


しかし、状況は良くなるどころか悪化していき、ワルシャワはドイツ軍に占領されてしまうことに。

ユダヤ人たちはワルシャワ・ゲットー(ユダヤ人隔離地域)に寄せられ、迫害を受けてしまいます。


シュピルマンの家族も絶滅収容所へ向かう列車に乗せられますが、シュピルマンだけは友人の手によって命を救われます。

命が助かったシュピルマンですが、待っていたのは過酷なまでの生活でした。



取り残されてしまった彼の人生がリアルに、そして鮮明に描かれます。

実話だけに涙無くして見れない作品となっています。

感想・評価

戦場のピアニストの良かった点、悪かった点についてお話しします。

良かった点

その辺に転がってる死体とか、残虐描写が容赦なく描かれています。

これは自伝なのですが、脚色するような無茶な物語にはせず、過剰なドラマチックな演出もせず、淡々と描き続ける上にハードな内容をオブラートに包むようなことはせずに描くので、とても見ていて辛くなります。


エイドリアン・ブロディが代役なしで挑んだピアノの演奏には鳥肌が立ちました。


そして、ホロコーストというテーマながら一方的にドイツ人を批判するのではなく、どこの国でも嫌な人もいれば優しい人だっているということがわかる一面もあったのは心に残りました。

悪かった点

物語が淡々に進んでいく上に二時間半と長いので、ややだるくなってしまったところが残念です。

ただ、映画の出来で昇華していたので気にはなりませんでした。

みんなの感想・評価

戦場のピアニストの感想をツイッターから集めてみました。


まとめ

ユダヤ人のピアニストがドイツ占領家のポーランドでホロコーストに巻き込まれながらも、必死に生きた実話というのが衝撃です。

とても濃密で、とても悲しくて、とても辛くて、様々なホロコーストを題材にした映画でもかなり上質な映画です。


ドイツ兵から逃げる中でいろいろな人々と出会い、時には襲われながらも、絶対に死ぬことを諦めなかった所をみると、私達現代人に重く響くメッセージが隠されているような気がします。

ドイツ兵が迫害するシーンや殺していくシーンなど、見るときはかなり体力を消耗しますが、人類の普遍的な教訓が詰まった映画です。


U-NEXTで2017年8月28日まで見放題で配信していますので、31日の無料期間を利用して見てみてはいかがでしょうか?
U-NEXT 戦場のピアニスト