2009年に上映された映画「シャーロック・ホームズ」について感想と評価をまとめます。

シャーロック・ホームズは今までにたくさんの小説や映画など数々の作品がありますが、2009年に上映された本作では、他のシャーロック・ホームズにはない独特な特徴があります。


ホームズとか興味ない…なーんて人でも全然楽しめてしまう作品に仕上がっています。(ホームズに全然興味がない私が言うからには間違いないです。)

ぜひ目を通してみてください。


ネタバレを避けたい方はHuluで2週間無料で見れますので、チェックしてみてください。(2016年10月現在)

Huluで今すぐ視聴
※ クレジットカードが手元になかったら、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いを選ぼう!もちろん2週間以内に解約すれば無料です。


映画「シャーロック・ホームズ」のあらすじ


blogs.yahoo.co.jp

舞台は1891年のロンドン。

街では若い女性を狙う連続殺人が起こっていました。


ホームズは相棒のワトソンとともに犯人のブラックウッド卿を逮捕し、死刑を執行することに。

しかし、ブラックウッドが復活したという知らせが入ります。

ホームズはブラックウッドの棺桶を調べますが…

感想・評価

良かった点と悪かった点に分けて「シャーロック・ホームズ」の感想と評価を述べていきます。

良かった点

カメラ回しが独特で、戦闘シーンのみならずいろいろな場面で目を引く工夫がされているところがとても魅力的です。

スローモーションになったり、早回しになったりするのですが、それが全体としてスピーディーな印象を与えて画面をきりっと引き締める効果があります。



あとは、主人公シャーロックを演じるロバート・ダウニー・Jrのコミカルな演技でしょうか。

シャーロック・ホームズは過去に何度も映像化されていますが、私はジェレミー・ブレットのノーブルな、眼光鋭いシャーロック・ホームズがお気に入りでした。

しかし、この作品ではロバートが全く違うシャーロックを創り出していて斬新です。


武闘派で、頭も切れ、お茶目で世俗的なシャーロックはとても新鮮で、こういうのもありなんだ!と思わせられました。

新鮮なシャーロックの魅力に溢れた作品です。

悪かった点

ロバートの演技は良かった点で述べた通りコミカルで面白いのですが、コミカルすぎます。


また、物語の展開が早すぎるところも…

全体的にスピード感溢れる映画で、19世紀の活気あるロンドンを描いているところは申し分ないのですが、一つ一つの展開にじっくりと没入したかったです。

みんなの感想・評価

みんなの感想をツイッターから集めてみました。


腐女子に人気なんですかね(笑)

意外な一面です。



ツタヤ呼ばんでもHuluでおk(笑)



ピエロのような絵は映画「ダークナイト」のヒース・レジャーが演じたジョーカーです。

バットマンシリーズの最強で最凶で最狂で最恐なキャラクターで、ヒース・レジャーの演技からも伝説的な話題を呼んだ作品です。

最近、Huluで「ダークナイトも配信されるようになったので、同時に見ておくと良いでしょう。

まとめ

斬新な切り口で新しいシャーロック・ホームズを創り上げた画期的な作品という感じです。

ロバート・ダウニー・Jrの演技は躍動的で、お茶目ですが、なおかつ深い知性を感じさせるところがさすがだと思います。


ワトソンを演じたのはジュード・ロウですが、こちらは婚約者とともにシャーロックに振り回されながらもしっかりと彼を支える心強い相棒、という感じです。

シャーロックに翻弄されていつも自分のペースを見失いがちなワトソンの様子も見ものです。


この映画の最大の見どころはアクションシーンで、これが何といってもこの映画の盛り上がるところです。

武闘派のシャーロック・ホームズなんてこれまで誰も想像しなかったのではないでしょうか。

知性と行動力もさることながら、俗っぽくて力強いところも素敵、と思わず唸ってしまう作品です。


Huluにて2週間無料で見ることができますので、気になった方は見てみると良いでしょう(2016年10月現在)

Huluで今すぐ視聴
※ クレジットカードが手元になかったら、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いを選ぼう!もちろん2週間以内に解約すれば無料です。