レンタル救世主で志田未来がラップする場面が賛否両論ですよね。

“面白い!”という声もあれば、“下手すぎて見てられない…”という声も。


筆者の意見を早速ぶっ放していくんですが、“下手すぎるからもっとやれ!”と思っています。


「なんでやねん!」

と関西人でもないのに関西弁でツッコミたくなっちゃった人は是非読んでいってください。

button_s_rental


スポンサーリンク


志田未来のラップは下手?


マイルームス

私、志田未来のラップが上手いとか下手とか正直わかんないんですよ(爆)

冒頭で下手だとか何だとか語っているのですが、”下手なんだろうな…”っていう程度で判断しています。


そりゃ、志田未来がむしろラップが上手かったらびっくりですよ。

見てくださいよ、この絶対ラップやったことない感…


ただ、やったことないなりに練習しないと、泣きながらラップするなんて無理ですよね。

相当な練習量はあったと思います。


志田未来は最近ドラマも映画もひっぱりだこです。(前からか!)

そんなハードスケジュールの中で、1日2日でラップをものにするなんてのは無理ですよ。

下手で当たり前、努力した成果は出てるし、号泣演技はさすがだし、“ラップが下手だから見てられない”って声はちょっとひどいなーと感じています。

志田未来のラップ監修・指導

そんな中、ラップ監修してくださったのはP.O.P上鈴木兄弟。(カミスズキきょうだい)

きっと志田未来にラップ指導したのも同じ方でしょう。



なんとMC2人は双子なんですね。

この2人は結構いろんなことラップにしちゃってます。

例えば、”人狼”っていう心理戦ゲームをラップにしてたり…



人狼ってすごく面白いゲームで、ボードゲームやカードゲームが好きな人は結構知ってたりします。

ちょっとマニアックでニッチなゲームなんですが、奥が深くて多くのファンがいます。


こちらは”チャットワーク”と呼ばれる連絡ツールの宣伝をラップで宣伝しています。



ネットを利用して仕事をしている人は、チャットワークを結構使っている人もいるでしょう。

こんな2人が志田未来のラップを監修したんですねー。

スポンサーリンク


第2話の志田未来のラップって…

レンタル救世主第2話の志田未来のラップって、どっちかというとMCラップバトルみたいな感じでしたよね。

よく夜中にやってるけど、あれマジですごいですよね。



相手の言葉を拾いつつそこで韻を踏んでくる頭の回転の速さは本当に半端ないです。

これ見てからレンタル救世主で志田未来がやってるラップを聞くと少し見方が変わるかもしれませんね。


志田未来はもちろん、このラップバトルみたいに即興ではないですが、形だけでもこれに近づけようと思ったら時間がかかるものです。

それに加えて泣く演技しながらやるわけですから、

“下手くそwww”
“見てらんねーわこんなラップ!”


とは言えないですよ…


個人的には「下手すぎるけどもっとやれ!」ですね。

下手であろうが、次回に見せる志田未来のラップが待ち遠しいです。

button_s_rental