「なかなか面白い!けどちょっと寒い?」
「志田未来の演技上手くね?」

ドラマ「レンタル救世主」の1話の感想をまとめます。

button_s_rental


スポンサーリンク


「レンタル救世主」1話あらすじ


セーヤブログ

明辺悠五(沢村一樹)は、勤めていた会社の元同期に騙されて1億円超えの借金を背負ってしまった。しかも、会社からは詐欺の片棒を担いだと誤解され、クビに。彼は、そのことを家族に言えないでいた。
新しい就職先を見つけなければならない明辺は、ある会社の面接を受ける。その会社の職種は、“レンタル救世主”というものだった。人生崖っぷちの明辺は、面接で自身の悲惨な身の上と家族への愛を訴えて「残りの人生を懸けて御社で働きます!」と宣言。それが社長の黒宇寛太(大杉漣)に気に入られて、採用される。

明辺は黒宇から、レンタル救世主とは一度レンタルされたら依頼者のための救世主となって、どんなことがあっても依頼者を命がけで助ける仕事だと説明される。
明辺が任された初仕事は、誘拐された人質の救出だった。指示された通りに、ある倉庫へ向かった明辺は、2人の人質・百地零子(志田未来)と薫(稲葉友)を発見。薫が犯人の目を盗み、レンタル救世主に助けを求めて電話したのだった。明辺は零子と薫を助けに行こうとするが、犯人に見つかって捕えられてしまう。

明辺たちに危機が迫る中、上空から金髪の男が現れて、ドハデなアクションで誘拐犯たちを倒す。その男は、黒宇の会社に所属するレンタル救世主・葵伝二郎(藤井流星)。2人の人質は無事助け出されるが、明辺は零子から「なんで助けに来たの」と、謎めいた言葉を投げかけられる。
人質になっているのに何故か助けを求めない零子のことが気にかかる明辺。彼は葵とともに、零子のことを調べ始め…。


スポンサーリンク


「レンタル救世主」1話の感想


ストーリーについて

とりあえず、しょっぱなに感じたのはブルー・ライト・ヨコハマから始まるところが懐かしみが(笑)

そして女性(志田未来)と、似たような姿のオカマ(稲葉友)がコインランドリーで出会うところから始まり、突然トラックが突っ込んでくる…2人は連れ去られて…

おぉー…と思いながら、ポカーンでした…

オカマはココリコ田中を髣髴とさせる感じでした(笑)


ストーリーは現代でありながらまったくリアリティーがないコメディー。

騙されて借金した中年男・明辺悠五が職をなくし、家族にも内緒で怪しい会社「レンタル救世主」に入社して、高額ながらも危険な仕事や簡単なお手伝いまで、いろんな仕事に挑戦するお話。

まだ第1話だからなんとも言えない設定が多い感覚ですね。

キャラクターについて

キャラクターは全体的にコテっとした感じで、大味で大袈裟な演技が多い感じでしたねー。

こういうのはコミカルでわかりやすくていいですよね。

個人的には好きな雰囲気です。


沢村一樹が主演ってことで、かなり映える役ですね。

あと個人的に好きなのが勝地涼。

NHKの「奇跡の人」に出演していたのがすごく印象的ですが、やっぱりいい演技するなーっていつも思います。

勝地涼自身が喋っていないときの仕草も、話す人に合わせて演技してたりします。


あと、志田未来の演技は表情も目の動きもすごく上手いですね。

口元の絶妙な動き、可愛い顔を崩してまで表現するところが素晴らしい。

舞台は横浜

舞台が横浜なので、”結構見慣れた景色”という人も多そうですね。

横浜って言ったら日本一人口密度の高いところですからねぇ…

けど、身近なところでロケしてたんだと思ったらなんか嬉しくなります。

オススメはしがたい内容

コメディーだけど、コメディー好きでも見る人によっては苦手だと思います。

感想としては、ちょっと寒く感じちゃう面もありました。

唐突な演出やストーリーが多くて、”ポカーン”ってなるところが多すぎます。


あとキャラがいちいちウザい(笑)

若干抵抗もありますが、見れないほどではないかな…

1つだけ爆笑した

志田未来のラップだけはクソ笑いました(笑)

ラップが上手いというよりも、演技が抜群に上手いですよね。

視聴者にも謎の絶賛…

まとめ

レンタル救世主の1話の感想をまとめましたがいかがでしょうか?

これからの展開に期待したいってところですねー。

最終回に向けてもっとシリアスな事件が増えていきそうな匂いがします。

button_s_rental