藤原竜也主演のドラマ「リバース」のキャストについてですが、本作では10年前の過去と現在の両面で演技する必要のある作品となっています。

というところで、気になるのがキャストの年齢差です。

役としては何歳で、実際のキャストが何歳で…若さをどう表現しているのかにという視点で見ていくとドラマ「リバース」をもっと楽しめるかもしれません。


スポンサーリンク


ドラマ「リバース」キャストの年齢

ドラマ「リバース」の主人公は藤原竜也が演じる深瀬和久で32歳の役となります。

本人は現在34歳ということで、かなり年齢相応の役を務めることとなりますね。ただ、10年前の演技ももちろんしなくてはならないというところを考えれば、22歳の役をすることにもなります。

さすがに成人なので子役を使うわけにもいかないでしょう。

まぁ、現在のメイク技術によって年齢差を上手くつけられれば全然大丈夫な気がしますね。


小池徹平は10年前に遺体となって見つかっている設定の広沢由樹ですので、22歳の役を演じることになりますね。

そんな小池徹平もはや31歳…実は、目元のシワが濃くなっていて、相変わらず可愛い顔をしながらも老けてはきているようですね。若さと大人の入り混じったオーラを感じる…


で、一人一人話しててもキリがないので、一覧化しました。

役者役者の年齢キャラの年齢
藤原竜也3432
小池徹平3122
玉森裕太2732
市原隼人3033
三浦貴大3132

ゼミの5人をピックアップしています。まぁ、当然同年代設定ですので、一律32歳前後で、小池徹平のみ過去の人といったところです。

32歳という設定から一番外れているのはキスマイの玉森裕太ですね。22歳と32歳のちょうど間あたりの年齢なので、どっちに対しても対応しやすいとも考えられますし、どっちもやりにくいという感覚もあるかもしれません(笑)

普段より大人な玉森くんを見ることができるかもしれませんね。

ドラマ「リバース」玉森のメガネがかわいい!役柄と演技について

スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「リバース」の年齢設定についてまとめました。

年齢設定に違和感があるとそこまで問題のあるドラマなのかというと、そうではないとは思いますが気になっちゃいますよね。


冬に放送されていた東京タラレバ娘とかはぶっちゃけ年齢設定が酷かったので、敏感になっているのかもしれません。
東京タラレバ娘の年齢設定原作との違いは?キャストが若すぎる件