ドラマ「リバース」第6話、広沢の彼女は“カワちゃん”!、誰それ?新たな人物が登場しましたね。

広沢の彼女は“美穂子”だと思っていたのに・・真相は誰なんでしょうか?告発文や谷原事件の犯人との関連は?

またまた、原作の「リバース」とは違う人物!オリジナルな展開になるのでしょうか。

今回の記事では、広沢の彼女は誰だったのか?告発文の犯人だとすればゼミ仲間とどうやって接触できたのか?

これらの疑問を原作と比較しながら推察していきたいと思います。

原作ネタバレを書いてますので、閲覧にはご注意ください。

スポンサーリンク


カワちゃんのこと

同級生が言っていた“カワちゃん”に関する情報です。
  • 姓は確か「カワベ?カワダ?カワモト?」
  • 高校の2年後輩
  • 卒業後、東京の大学に進学した

演じるのは女優の「夏菜」さんです。

原作「リバース」ネタバレ

広沢の彼女は?

広沢は高校時代に彼女はいませんでしたが、2年の時に同じクラスだった女子に片想いをしていました。

この女子はミスコンに選ばれたほど、男子の憧れの的!。

その後、大学時代に同じアパートに住んでいた古川が、偶然パン屋で女子を見かけ広沢に報告しました。

これがきっかけで二人は付き合うことになったのです。

この女子が“美穂子”なんです!

美穂子がゼミ仲間に接触できたわけ

美穂子は広沢の過去をもっと知りたくて、ゼミ仲間に直接会って聞きたいと考えます。

しかし、美穂子は誰とも面識がなく連絡のしようがありません。

そこでひらめいたのが高校時代の友人で、東京の大学に進学して教師になっていた“木田”という女性です。

美穂子は広沢から、友人の浅見が教師を目指していると聞いたことがあり、自分の友人の“木田”さんと同じだと思っていました。

このことを思い出し、教師の線で調べてみると、浅見と木田は同じ高校の教師になっていることを知ったのです。

そして広沢の親戚だと嘘を付いて浅見と会い、浅見から他の3人の情報を聞き取ったのです。

深瀬の行動

深瀬は浅見の高校が会社の取引先なので、そこに勤務している木田のことは知っていました。

愛媛に行き、高校のアルバムを見た時、広沢と同じクラスで木田を発見します!

捜していた広沢の彼女は“木田”だったのか!勘違いをしました。

その後、古川と木田に会って、広沢の彼女が美穂子だったことを知るのです。

ドラマ「リバース」

広沢の彼女は?

6話で登場した“カワちゃん”はミスリードではないかと思います。

①誤った方向に人を導くこと。
②新聞・雑誌などで,見出しと記事の内容が著しく異なっていること。


高校時代は“カワちゃん”だったのでしょうが、大学時代の彼女は美穂子!基本の流れは原作どおりだと思います。

美穂子の旧姓は“カワベ”!親の離婚で現在は越智姓に変わっています・・カワちゃんと似てますね(笑)

ゼミ仲間への告発文や谷原を突き落とした犯人は、おそらく原作どおり美穂子でしょうね。
「リバース」谷原をホームに突き落とした犯人は?原作ネタバレ


美穂子がゼミ仲間に接触できたわけ

ドラマでは美穂子とゼミ仲間をつなぐ、“木田”役が現在いないと思います。

同郷の愛媛で、現在東京に住んでいる“カワちゃん”が担うのではと。

また、“カワちゃん”と接点があるのは、原作と違い谷原のような気がします。

深瀬の行動

広沢の彼女は“カワちゃん”と思っている深瀬です。

次回第7話では、意識を回復した谷原に、深瀬は“カワちゃん”を知っているかと尋ねるようです。

谷原はあいまいに答えるようですが、何か隠しているようにも・・。

谷原は野球チームのマネージャ“カワベちゃん”が怪しいと感じ始めているでしょう。

スポンサーリンク


まとめ

いよいよドラマ「リバース」は後半に入り、誰が犯人なのか解明されていく段階ですね。

その中、新たな登場人物のカワちゃんは、美穂子やゼミ仲間とどういう関係があったのか?

古川は告発文事件や谷原事件で、美穂子をサポートしたのかどうか?

次回も楽しみですね!!