ドラマ「リバース」での藤原竜也の演技力が話題になっています。

藤原竜也といえば、「るろうに剣心」や「デスノート」、「バトルロワイヤル」などの数々の作品に登場している実力のある俳優です。

これだけ話題になると言うことは、またカッコイイ演技が話題になっているのでしょうか。

リバースで深瀬和久役を演じる藤原竜也の演技力について紹介します。

スポンサーリンク


藤原竜也のこれまでの役

藤原竜也は、これまで数多くの作品に出演しており、その多くが主演を務めています。

自身のイケメンと合わせるように役もいわゆる「カッコイイ」役が多く、これまた多くの女性達を虜にしてきました。

藤原竜也のイケメンぶりが遺憾なく発揮された作品としては、「るろうに剣心」や「デスノート」、「バトルロワイヤル」が個人的におすすめの作品です。

リバースでの藤原竜也

//platform.twitter.com/widgets.js
今季ドラマの「リバース」でも、藤原竜也は出演しています。

深瀬和久という役を演じていますが、この役が今までの藤原竜也の役とは、大きく異ることからその演技力が話題になっています。


深瀬和久は、自分にコンプレックスを持っており、そこからくる自信のなさが全面に現れているようなキャラクターです。

具体的には、いつもオドオドしており、情けないです。

加えて、全体的にダサいオーラを出しており、あまり人間としての魅力がある人物とは言えません。

情けないキャラも演じきる

上記のように今までのカッコイイ藤原竜也からは、想像もできない役なので、違和感があるかなと感じていましたが、杞憂でした。

藤原竜也は、オドオドした深瀬和久を自慢の演技力で演じきっているのです。

正直、藤原竜也の演技力が高いのは知っていましたが、こんな今までと真逆のキャラクターを演じられるとは思っていなかったため、かなり驚きました。

情けないキャラは実は初めてではなかった?

深瀬和久の様なキャラクターは、藤原竜也の演じる役としては、異色の役です。

しかし、自分に自身のないキャラクターが初めてかというとそんなことはありません。


主演を務めた「カイジ」では、お金がなく、とても立派とは言えない主人公であるカイジを演じていました。

同じく主演を務めた「僕だけがいない街」では、今まであまり必死になったことがない、今風の覚めた若者の役を演じていました。

情けないけど情けないだけではなかった

上述した「カイジ」と「僕だけがいない街」でも人間的にあまり魅力的でないキャラクターを演じてきたと紹介しました。

しかし、今回のリバースではこの2つの作品とは大きく異る点があります。

上記2作品では、どちらの作品も最終的には主人公が成長しカッコイイキャラクターになります。

つまり、情けないまま終わらないという共通点があるのです。

スポンサーリンク


まとめ

藤原竜也のリバースでの演技力を他の出演作品と比較しながら、紹介しました。

どうだったでしょうか。

最初から最後までカッコイイ役の方が合っているような気もしますが、特に違和感なく役を演じきっているという印象でした。

また、今後のリバースで、深瀬和久が今までの藤原竜也が演じてきた役のようにカッコイイキャラクターになるのか、それとも初めての情けないキャラクターのまま終わるのかも見どころの1つだと思います。

ps. ミになる図書館の調査でも藤原竜也さんの演技は高いという認識がされていたようです。