映画「ミュンヘン」といえばスティーヴン・スピルバーグの政治的な要素を取り入れた意欲作です。

ゆえに内容については賛否両論で、見る人を選ぶ作品となっています。

今回はその映画「ミュンヘン」を無料視聴する方法と、どのような映画なのかを簡単にご説明します。

無料視聴する方法


blog.goo.ne.jp

無料で視聴する方法は簡単で、Huluのサービスに入会して、スマホやPCで映画を見るだけです。

通常Huluは933円ですが、2週間の無料期間があります。

その間に見て解約してしまえば料金は発生しないということです。


ぶっちゃけると933円は安すぎるので、そのまま使い続ける人が多いですけどね。

こちらから登録できます。

Huluで今すぐ視聴
※ クレジットカードが手元になかったら、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いを選ぼう!もちろん2週間以内に解約すれば無料です。



どんな映画なの?


umikarahajimaru.at.webry.info

映画「ミュンヘン」がどのような映画なのか、少しだけご説明します。

見る前の参考にしてみてください。

見る人を選ぶ作品である

七十年代のニュー・シネマ時代に映画監督としてのキャリアをスタートさせたスピルバーグが、久しぶりにその時代を背景にアクチュアルな題材を扱った意欲作で、全編にわたって緊迫した描写が連続します。

インタビューによると、あえてニュー・シネマ時代のような撮影方法をとったそうで、画面の構図や色調など、処女作である「続・激突! カージャック」のようなリアリスティックな雰囲気があって、初期のスピルバーグが好きだという人にはとりわけ好ましい出来栄えです。

極めて政治的な題材だけに、見る側にも判断が求められるところがありますが、このような題材を映画化したスピルバーグの大胆さを評価したくなります。

残酷な描写がある

残酷な描写は「ジョーズ」のころからスピルバーグが得意とするものですが、ここでは「プライベート・ライアン」のような戦争描写とは異なり、日常でのテロリズムが描かれています。

そのため、その残酷さが特別に生活感を伴っていて、暴力描写が嫌いな人にとっては思わず目を背けるような流血の場面が多く、その点で抵抗を覚える人も多いでしょう。

スピルバーグの視点

スピルバーグ監督作には、「ジョーズ」や「ジュラシック・パーク」のような何も考えずに楽しめるエンタテインメント作品の他に、「シンドラーのリスト」「カラー・パープル」など、過去の社会問題などに取材したシリアスな作品もいくつかあります。

この「ミュンヘン」は、自国のオリンピック選手を殺したテロリストへの、イスラエル諜報局による報復を描いていて、これまでのスピルバーグ作品中でも際立って生臭いといえる題材です。


描き方によってはイスラエル政府を刺激することにもなりかねないような話をあえて取り上げたという点で、スピルバーグにとってはよほど映画化したかった題材であることが分かります。

そのどうしても映像化したいという意欲の成果が、テロリスト殺害場面での緊迫した描写などに現れています。

最後に

映画「ミュンヘン」を見て、あなたはどう感じるか…

テロ犠牲者からは共感され、イスラエル諜報特務庁からは事実と違うと批判されたこの作品を日本人としての立場から見ると…

どちらに倒れたとしてもミュンヘンは見る価値のある作品となっています。

Huluで今すぐ視聴
※ クレジットカードが手元になかったら、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いを選ぼう!もちろん2週間以内に解約すれば無料です。