映画「モテキ」は「バクマン。」「SCOOP!」の大根仁監督の作品です。

原作は漫画で、それを基にドラマ「モテキ」が制作され、映画版「モテキ」は完全オリジナルで制作されました。


主演は森山未來で、ヒロインには長澤まさみ、その他女優陣が麻生久美子、仲里依紗、真木よう子と見どころ満載です。

長澤まさみファンならとりあえず見ない理由がない作品となっています。

スポンサーリンク


映画「モテキ」を無料視聴する方法


ameblo.jp

映画「モテキ」の動画をフルで無料視聴することができます。

その方法はHuluに登録して14日間の無料視聴期間に見るだけです。


Huluは月額933円で映画見放題の超有名なサービスです。

みんなも使ってるサービスなので、ぜひお試しあれ。

Huluで今すぐ視聴
※ クレジットカードが手元になかったら、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いを選ぼう!もちろん2週間以内に解約すれば無料です。




解約し忘れだけはご注意を!

映画「モテキ」のあらすじ


藤本幸世、31歳。1年前にやってきた“モテキ”の後も実家で暮らしていたが再び上京し、墨田が興したニュースサイト・ナタリーの面接を受けて正社員として採用された。ライターの仕事を覚えながら生き甲斐を感じて働いていた頃、ツイッターを通じてEYESCREAM誌の編集者である松尾みゆきと知り合い、意気投合する。彼女に付き合っている相手がいると知りながらもデートを重ねるが、同棲までしている事から積極的になれなかった。そんな時期に、みゆきの友人である枡元るみ子に告白をされて一夜をともにする。一度はるみ子を好きになろうと思う幸世だがみゆきへの思いを断つこともできず、るみ子を振ってしまう。その後取材でみゆきの彼氏である山下ダイスケに会って、彼が他の女性と結婚している事を知る。幸世は感情を高ぶらせてみゆきの元へ駆けつけ、気持ちを伝えるが拒絶されてしまう。ダイスケが主催するフェスの当日、ダイスケは離婚することをみゆきに伝えるがみゆきは気が浮かず、取材に来ていた幸世を見つけると逃げ出してしまう。幸世は彼女を追いかけて、そしてキスを迫る。

映画「モテキ」の評価

映画「モテキ」の良かった点と悪かった点をピックアップして評価を述べていきます。

良かった点

「モテキ」の良かった点は、森山未來を取り巻く豪華な女性キャストが魅力的です。

長澤まさみ、麻生久美子、真木ようこ達が演じる、それぞれ違うキャラクター性や性格が違い、その中から自分が好きなタイプの女性を見つけるという新しい面白さもあります。


私の場合は、長澤まさみさんが演じる、妖艶で、男性を惹き付け、男性がどうすれば惚れるかを計算しているキャラクターが好きでした。

恋愛に慣れていない、30代の麻生久美子や気の強い上司役の真木ようこも、実際にいそうなキャラクターで、表現する上で人間観察ができている作品だと感じました。

悪かった点

女性キャストが多い分、メインヒロインである長澤まさみに焦点が当たりがちで、仲里依紗や真木ようこの出演シーンが少なかったのが少し残念でした。

スポンサーリンク


映画「モテキ」の感想

この作品は、ドラマ「モテキ」の続編映画作品とのことだったので、ドラマが好きな私は非常に楽しみでした。

ドラマの雰囲気は守られており、映画らしいお金のかかった演出なども観られ、私的には非常にお気に入りの作品です。

Perfumeのミュージックビデオ風の演出や豪華な女性キャスト達は、映画でしかできない面白い試みでした。

また、ドラマがマンガ原作になぞらえて制作していたのに対し、映画は完全オリジナルのストーリーで、キャラクターと性格が、それぞれの女優さんにぴったりなのが面白さの要因だと考えられます。

モテない男性が観れば、共感できるところも多いので、モテない男子は必見です。

無料視聴はこちら。

Huluで今すぐ視聴
※ クレジットカードが手元になかったら、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いを選ぼう!もちろん2週間以内に解約すれば無料です。