映画「ジェイソン・ボーン」が大人気上映中ですが、日本語吹き替え版が上映されていません。


近年は字幕版だけの海外映画は珍しく、日本語吹き替え版がむしろ主流という時代に移り変わってきました。

吹き替えに慣れ親しんだ人にとっては「ジェイソン・ボーン」であっても字幕版には少し抵抗がある…という方のために、字幕版の利点をご紹介します。

字幕版の利点を知った上で映画を見ることができれば、ポジティブな気持ちで字幕版「ジェイソン・ボーン」も楽しめるのではないでしょうか?

スポンサーリンク


吹き替え版のいいところ


www.cinemacafe.net

まず、吹き替え版のいいところから。

結論から話すと、「映像を楽しみたい!」「難解なドキュメンタリー映画、サスペンス映画などの内容をしっかり理解したい。」というのであれば吹き替えがオススメです。

字幕を読まなくても良い

吹き替え版は字幕を読まなくてもよい分、映像を細かく楽しめたり、ストーリーが理解しやすくなる点が利点です。

字幕版ではどうしても文字に目が行きがちで、俳優の演技や細かい動きなど見逃しがなくなります。

文字を読むのが遅い…漢字がすごく苦手…という人にとっては本当に助かりますよね。

字幕は文字数制限がある

字幕版には映像で映せる文字数に限界があり、どうしても一部セリフが省略されてしまいます。

それに比べて吹き替え版では若干の余裕があり、特に情報量の多い難解な映画を理解するには吹き替え版の方が圧倒的に有利です。

また、2人が同時にしゃべるシーンなどもすんなり聞き取れますね。

字幕版のいいところ


chu2.hatenadiary.jp

次は、字幕版のいいところについて。

「海外俳優自身をしっかり見たい!」「ミュージカル映画を見たい。」「生の臨場感を味わいたい!」という人にオススメ。

海外俳優自身の演技を直で体感できる

好きな映画を何度も見る人や、映画通が字幕版を好む理由は、俳優自身の演技を正しく理解できるからです。

吹き替え版にしてしまうと言葉のニュアンスが変わってしまったり、声によるイメージがまったく変わったものになってしまいます。


つまり、字幕版を見ていない人にジェイソン・ボーン役のマット・デイモンを語れるわけがないんです。

「ボーン・アイデンティティー」の吹き替え版だけ見て、マット・デイモンの演技を語っていたら、コアな映画ファンからカウンターパンチを食らう可能性があります。

アドリブがない

言葉のニュアンスについて前述しましたが、吹き替え声優によってはアドリブを加えてくることがあります。

もちろん秀逸なアドリブもありますし、吹き替えと字幕版を比べてそれを楽しめる部分もありますが、「アドリブだとわかってしまうアドリブ」にがっかりすることも…

吹き替えだとアドリブ次第で実際のセリフとは大きくイメージが変わる場面もあるので、字幕版の場合はそのままのイメージで映画を理解できるのが利点です。

スポンサーリンク


結論

結局のところどちらにもメリットとデメリットがあり、その違いを楽しむのも映画の楽しみの1つであるということです。


字幕と吹き替えでストーリーの内容すら変わる映画もあります。

例えば、バットマンシリーズの「ダークナイト」は名作と言われますが、吹き替え版と字幕版では”スパイ”についての伏線の張り方が全然違っていたりします。


今回上映された映画「ジェイソン・ボーン」は字幕版しかありませんが、字幕版に抵抗のある人は、

“そのまんまの映画を楽しめる”
“そのまんまのマット・デイモンが楽しめる”

とポジティブな姿勢で映画を楽しんでみましょう。

抵抗を持ちながら見る映画なんて損しちゃいますよ!

過去作の字幕・吹き替え

過去作のシリーズは字幕と吹き替えどちらで見ましたか?

もし、字幕しか見ていないなら吹き替えを、吹き替えしか見てないなら字幕版を、復習する気持ちで楽しんでみてはいかがでしょうか?


dTVではボーンシリーズの過去作をすべて見ることができ、字幕も吹き替えにも対応しています。

視点を変えれば1つの映画シリーズでも2倍の楽しみ方ができることを体感してみてください。


dTVは月額500円のサービスですが、今なら31日間無料です。

↓登録はこちらをクリック



みんなの声はこちら。


dTVの登録はこちらから!

「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス



追記:ジェイソン・ボーンの字幕版が微妙だった

ジェイソン・ボーンの字幕版、見てきたんですが非常に微妙な印象を受けました。

なっちゃん…


あれって最近話題の”校閲”みたいなのってないんですかね?

校閲ガールに校閲して貰えばいいのに…

button_s_kouetsu