マリア・Tの正体が明らかとなり、物語に大きな進展を見せる「IQ246」


今回はゲストに佐野ひなこ、山口紗弥加と豪華キャストを迎えています。

7話のラストでは予想外の結末が!?


気になる「IQ246」 7話のあらすじと感想をまとめます。

スポンサーリンク


7話 あらすじ


Sky Light

黒幕マリア・T(演者:中谷美紀)と対峙する法門寺沙羅駆(演者:織田裕二)

沙羅駆はあらかじめ用意していた抗体で、マリア・Tの殺人ウイルスからは逃れられたものの負傷を追います。


マリア・Tから押収したノートパソコンから、次の犯行現場と思われるテレビ局を割り出すことに成功。

現場へ向かう沙羅駆、賢正、和藤奏子。


三人が向かった先はドラマ「麗しの探偵」の撮影現場で、何やらざわついている様子です。


ドラマで主演の千草あやめ(演者:佐野ひなこ)が、自宅マンションで殺された事件が発生。

怪しいことに、殺されたあやめはドラマで助演の美薗麗子(演者:山口紗弥加)の服を着ています。


麗子はマスコミから逃れるために、あやめと服装を交換したと供述。


麗子のことを想う熱狂的なファンによる犯行で、あやめは麗子と間違えられて殺されたのです。


代役として、麗子はドラマ「麗しの探偵」の助演から主演へと転身。

麗子は主演を演じ切りドラマはクランクアップ。


しかし沙羅駆は、今回の殺人は麗子があやめに対して妬んでいたことによる犯行であることを突き止めます。


事件も解決して、一件落着。


沙羅駆はマリア・Tのことが気がかりで調査を続けます。

そんな最中に奏子の元へ、マリア・Tが確保される一報が。


信じ堅い事実を受け入れられない沙羅駆。

沙羅駆へ謎の微笑みを向けるマリア・T。


次回へ続きます。

【感想】女の嫉妬は怖いですね。


女の嫉妬は怖いです。


美薗麗子が千草あやめを殺そうと思ったきっかけは、麗子が心から尊敬していた作品「麗しの探偵」の主演に抜擢されなかったこと。

そして、主演であるあやめが作品に対して冒涜していたことです。


分からなくもない理由ですが、殺人はアウト。


沙羅駆の「醜悪至極なり。」も無く、あっさり御用となりました。

事件が少し雑じゃないか?

今回の事件。

あやめを殺したのは麗子だったのですが、濡れ衣を着せられたのは麗子と以前交際をしていたヘアメイクの男。

犯行当時ヘアメイクの男はあやめと交際をしていました。


犯行をする時、あやめだと気づくはずでは?


そこを突かれてあっさりと沙羅駆に犯行を見破られてしまいました。


それ以前にヘアメイクの男は犯行を認めるのでしょうか?

彼のアリバイから犯人でないことは分かるのでは?


謎がちょっと雑ですね。

もっと、推理がしたいです!

7話も小ネタが盛り沢山

沙羅駆、賢正、和藤奏子が向かった撮影現場。

壁には撮影予定のものが張り出されていました。


二階堂ロイド


ビジネスジャーナル


甘えん坊将軍リターンズ


Yahoo! JAPAN


サメトーーーク


Naverまとめ


お昼だよ!全員厨房!


Yahoo! JAPAN


料理の別人


Google Play


小ネタのオンパレードです。

「We can make it!」


奏子が持っていたマキノスポーツの裏面にちらっと見えた記事。

「We can make it!」


ARA-SHOP.net

嵐が2007年に出した曲のタイトルです。


新聞小ネタ、凝りませんね~

「事件は会議室で起きています。」


麗子と沙羅駆が会議室で二人きりのシーン。

いい感じの二人を見て奏子が一言。


「事件は会議室で起きています。」


Ciatr シアター

笑っちゃいました。

殺人のきっかけとなった「麗しの探偵」

「麗しの探偵」実際には存在しない作品です。


作品の元ネタはオードリーヘップバーンの名作「麗しのサブリナ」


キネアート

麗子が演じた主演の役名は佐分利リナ(さぶりりな)。

「麗しのサブリナ」のサブリナとかかっています。


結局、パロディかいっ!笑

マリア・Tの正体


ドラマまとめ倶楽部

絶対に許せない人物と豪語する賢正。


マリア・Tの正体は、世界的に暗躍する犯罪コンサルタント。

IQ300と沙羅駆を上回る知能の持ち主。

全身整形により監察医 森本朋美に成りすましていました。


沙羅駆は森本が黒幕であると目星をつけていたので、頻繁に足を運んでいたとのこと。

さすが鋭いですね。


沙羅駆が屋敷にいない隙を狙い、法門寺家へ足を運ぶマリア・T。

妹 法門寺瞳(演者:新川優愛)の身にも、怪しい企みをしているシーンも。


7話の最後ではあっさりとマリア・Tが捕まってしまい戸惑う沙羅駆。

そして、意味深な微笑み。


謎は深まります。

スポンサーリンク


まとめ

「IQ246」 7話のあらすじと感想をまとめました。


個人的に一番良かったのは「暇よ、暇よ、暇よ。」と沙羅駆のマネをする瞳のシーンです。

IQ246の妹 法門寺 瞳ってどんな役?新川優愛って誰なの?


物語が大きく進展した7話でしたが、世間の反応は薄いです。

6話の話題が大きすぎ?

小ネタ探しに疲れてしまった?


次回は織田裕二と稲垣吾郎が19年ぶりに共演します!



8話では沙羅駆が容疑者に!?

日曜日が待ち遠しいです。