「IQ246」の織田裕二の演技、変だと思っていますか?


いえいえ、そんなはずありませんよ。


織田裕二の演技は奥が深いんです。


今回は織田裕二マニアの私が、彼の出演作品を振り返りながら魅力をお伝えします。

スポンサーリンク


織田裕二の出演作品


www.yuji-oda.com

現在48歳。いくつになって若々しくかっこいいです。


織田裕二の出演作品を振り返ります。

1987年「湘南爆走族」



織田裕二のデビュー作品「湘南爆走族」


数万人のオーディションの中から、希望であったの石川晃役を勝ち取ることができました。


江口洋介も初主演作品ということで話題に。



オーディションで周りを出し抜くほどなので織田裕二の演技力が認められたようですね。

1991年「東京ラブストーリー」


FunDo

織田裕二がブレイクするきっかけとなったドラマです。


「東京ラブストーリー」から織田裕二のファンになったという方も多いようですね。






主題歌である小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」は、年間シングルチャート第1位を獲得するほどヒット曲となりました。


近年はクリス・ハートが「ラブ・ストーリーは突然に」をカバーしたことでも話題に。



1997年「踊る大捜査線」


Ciatr シアター

織田裕二といえば「踊る大捜査線」


「事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きてるんだ!」


「室井さん聞こえるか?どうして現場に血が流れるんだ!」



セリフのひねりが面白く印象が強いです。織田裕二の演技のクセも強いです。






名セリフ?の「レインボーブリッジ封鎖できません!」もお忘れなく。


主題歌は、織田裕二自身の「Love Somebody」ということで話題になりました。



思わず歌いたくなります。

2004年「ラストクリスマス」




冬と言えば、織田裕二の「ラストクリスマス」です。


クリスマスが来ると胸がむずかゆくなるのは私だけではないはずです。





やっぱり、かっこいいんですよね。


「ラストクリスマス」観ないと!

2016年「ボクの妻と結婚してください。」

織田裕二が4年振りの主演ということで話題の映画です。


吉田羊、原田泰造と豪華なキャストを迎えての主演。


もちろん、観てきました。

感動したのでぜひおすすめです。




スポンサーリンク


織田裕二の魅力伝わりましたか?


T-SITE

「IQ246」に出演している織田裕二に関してまとめました。


彼が素晴らしい俳優だということお分かりいただけましたか?


彼の演技はやはり癖があるので賛否両論ではあります。

しかし織田裕二の出演作は、演技がどうこうではなく“織田裕二を楽しむ”に尽きます。





「IQ246」でもぜひ、織田裕二 エンターテイメントを楽しんでください。


「IQ246」の織田裕二の喋り方が変!と思っている方は、こちらをご覧ください。
IQ 246の織田裕二の喋り方、なんか変?誰かに似ている?