ついにIQ246が10話、最終回を迎えます。

謎が多い展開で最後どうなってしまうの?と思いますよね。


公開されている10話あらすじ・予告動画から筆者が勝手に最終回を予想します!


謎が多すぎます。

※以下はネタバレを含みます。

スポンサーリンク


法門寺 沙羅駆を振り返り


アメーバブログ

沙羅駆の目的はお金でもなく名誉でもありません。

「私が解くに値する事件はないものか。」

知能指数IQ246という明晰すぎる故の悩みをいつも抱えております。


そして、彼にとっての最大の謎がマリアT。


9話ではマリアTを追い詰め、勝利宣言をするが逃げられます。

最後は警視総監になりすましたマリアTによって“沙羅駆射殺許可命令”が発令され、追い詰められる事態に。

【ネタバレ】公式HP 10話あらすじ 沙羅駆Part

機動隊に囲まれる沙羅駆。


狙われる沙羅駆を庇う奏子に銃弾が当たり、病院へ。

沙羅駆は激昂。

賢正は沙羅駆を連れて奏子と共に病院へ向かうが・・・


マリアTを振り返り


ドラマまとめ倶楽部

これまで「13」と名乗り、陰で犯罪者を操っていたマリアT。


普段は、監察医 森本朋美に扮して情報収集や沙羅駆の動向を常に確認していました。

IQ300の頭脳によりコンピューターのハッキング、犯罪トリックは秀逸。

特に“人を欺くこと”に関しては、IQ246の沙羅駆でさえも幾度と騙されました。


沙羅駆同様に、彼女の目的もお金や名誉ではありません。


「お金のあるなしで優劣をつける。私はそれを無くしたいの。」


9話でお金による不平等な社会を無くし、是正することが目的であると公言。

沙羅駆に真意を突かれマリアTは目的を果たすことができず。


しかし、賢正の登場により事態は急変、彼女は沙羅駆から逃げ出すことに成功。

警視総監になりすまし“沙羅駆射殺許可命令”を発令します。

【ネタバレ】公式HP 10話あらすじ マリアT Part

沙羅駆に対して射殺許可命令を発令したマリアTは、日本中の電気をハッキング。


マリアTの新たな企みを財界のトップ集団“御前会議”に突き付けます。

そして、姿をくらますマリアTは高みの見物。

10話 予告動画を解析

IQ246 10話予告動画がこちら



予告動画 沙羅駆Part

マリアTの真の目的に迫る沙羅駆。

IQ300のマリアTには、IQ246の沙羅駆とその仲間たちで立ち向かうしかない。


そして、マリアTとの最後の勝負の行方は?

予告動画 マリアT Part

奏子を殺すことで勝利を確信するマリアT。

沙羅駆の仲間に対する想いが仇となり、マリアTそこに付け入ります。

沙羅駆との最後の戦い。


さてどうなる?

正直、混乱しています。


Sky Light

公式HPのあらすじと予告動画が全く繋がっていないので、困っています。


公式HP 10話あらすじをまとめると


沙羅駆→奏子が心配で病院に行ったけど!なんか大変な事になってる!

マリアT→沙羅駆追い詰めた!日本の電気をジャックした!御前会議どや!



予告動画をまとめると


沙羅駆→奏子の命狙われるやばい。マリアT何考えているの・・・

マリアT→奏子の命が危なくて沙羅駆焦っている。ここまで来ればあとは一押しで私の勝ち。



みたいな感じです。

※筆者の偏見が入りすぎているのは気にしないでください。


最終回、こんなに混乱で迎えて大丈夫でしょうか?

【ネタバレ予想】最終回の展開 筆者Part


ニュース三本の矢

とは言うものの、最終回はもう仕上がっているはずです。

このドラマには筋書きが無いので、勝手に予想しましょう。

沙羅駆の目的


MANTANWEB(まんたんウェブ)

9話で沙羅駆の目的である、マリアTの真意を解明したはず。

あとは撹乱されている警察たちの後処理や、奏子の身を案じて解決と思われますが・・・


10話予告動画ではマリアTとの直接対決のシーン。


「君の目的はなんだ。」


9話でマリアTの目的をあなた鼻高々と言ってたじゃないですか。

あのシーンは茶番ですか。

病院の謎

公式HP 10話のあらすじにある一文。

二人は奏子を連れて病院へと駆け込むのだが……。


とあるように病院で何かが起こるのか、もしくは起こっていたのか。


沙羅駆ら3人が向かう先は9話と同じ病院?

そうであるならば賢丈、御前様の身に何かあったのか?


何かというのは、実は御前様はマリアTと繋がっていて真の黒幕であることが発覚!?

→この展開だったら面白そうです。日本やばいです。


マリアT自身の過去に何かが?


なんでどす?

IQ246はマリアT自身の過去に何かがあって、現在の情勢や沙羅駆に対しての想いがあるとも考えられます。


その中でマリアTが言う“お金による不平等“というのを掘り下げると


a.マリアT自身がお金に困っていた。

b.裕福な暮らしで、貧富の差に憤りを感じていた。



どちらかが考えられます。


a.はIQ300を持って生まれて貧困になるのは考えにくいですが、賢い=裕福ではありませんので可能性は0ではありません。

そして、憤る対象がいるはずです。

対象というのがIQ246の知能で大成した沙羅駆なのか否か。


b.ならばマリアTは実はいい人なのでは?ということになります。

どこかで間違った選択をし、犯罪を助長することが良いという判断に陥ったのではないでしょうか。

タイトル「IQ246〜華麗なる事件簿〜」から予想



タイトルが「IQ246〜華麗なる事件簿〜」とあるように、最後は「事件簿」でまとめなくてはいけません。


シャーロックホームズで事件簿を記す役はワトソン=和藤奏子です。

なので、奏子は最終回のキーマンです。

IQ246の原作は?日本版シャーロックホームズって言われてるけど・・・


そして争点となっている“IQ“。


そもそもIQで勝負をするっていうのが難解すぎます。


IQテスト、あなたも小学生の時にやったことありませんでしたか?

IQとは“知能の数値化”で、今後の教育の方向性を決めるヒントにすぎないのです。

スポンサーリンク


まとめ


シネマカフェ cinemacafe.net

最後はドラマに毒づいてますけど、筆者はそれだけIQ246を愛してやまないのです!

最終回を迎えるのがつらいのです!


沙羅駆の名セリフ

事実を積み重ねても真実にはたどり着かない。

推理こそが真実にたどり着く唯一の道だ。



IQ246は最後に“結末“という大きな謎を私たちに問いかけています。

私たちはその謎を推理しなくてはいけません。


12月18日21:00 「IQ246〜華麗なる事件簿〜」10話ついに最終回です。

最後の謎を推理しましょう。

IQ246 9話感想とあらすじ。沙羅駆とマリアTが崇高な炎上を繰り広げる!