ドラマ「母になる」の放送日がいつからなのか、そしてどれほどの視聴率が伸びていくかを予想していきます。

先に話しておくと、ドラマ「母になる」の視聴率はそこまで伸びないのではないかと思っています。その理由については後ほど…

スポンサーリンク


ドラマ「母になる」の放送はいつから?

ドラマ「母になる」の放送日がいつからかというと、以下の通りです。

放送開始日:2017年4月12日(水)〜毎週水曜22:00
テレビ局:日本テレビ


というわけで、前回の水曜ドラマ「東京タラレバ娘」に続くドラマということですね。沢尻エリカ主演のドラマということで個人的にはなかなか楽しみ。

また3名の女性が主役となる点や、少し重いテーマであることを考えると「東京タラレバ娘」とも共通点があり、なかなか良いバトンタッチができているのではないかと思います。重いの意味が少し違いますが…ただ見て欲しい年代はかわらない気がします。


もし、初回を見逃してしまった方がいればHuluで視聴できるようになると思いますので、チェックしてみてください。
Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。

ドラマ「母になる」の視聴率は伸びるのか

ドラマ「母になる」の視聴率がどこまで行くのか…少しきになるところですので考察していきます。

水曜ドラマは「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」「東京タラレバ娘」と続いており、最近のドラマではかなり上位の視聴率を獲得している作品です。それぞれの視聴率は12.37%、11.39%となっています。


じゃあ、この調子で「母になる」も高視聴率を獲得できるか?…というと、私の考えでは視聴率が落ちるのではないかと予想しています。なぜかというと、「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」「東京タラレバ娘」には原作があるという共通点があるんですよね。

一方、ドラマ「母になる」は原作がないため、元からのファンが少なく視聴者を集めるのにどう番宣するかが重要になってくるのではないかと考えています。もともと知ってる人がいるといないでは視聴率にもそのまま影響すると言っても過言ではないでしょう。

「母になる」ドラマの原作は?脚本家の代表作を見るべし


逆に、視聴率が見込める要因としては沢尻エリカが主演というところでしょうか。しかし、スマップ(元スマップといった方がいいだろうか…)が出演するドラマほど話題になりにくいのではないかな?と感じており、前期に草なぎ剛が出演した「嘘の戦争」では視聴率が11.30%であったことから、「母にある」では11%以下の視聴率になるのではないかと予想されます。


近年では動画配信サービス(Huluなど)が使われるのが当たり前のようになってきたことから、リアルタイムでドラマを見る人は急速に減っています。よって、

9%以下→低視聴率
9〜10.5%→普通
10.5%以上→高視聴率


という風に思って良いのではないかと思います。(他テレビ局の裏番組にも左右されるため、一概には言えませんが…)

「母になる」はHuluで配信されるでしょうから、中視聴率の9〜10.5%あたりになるだろうと私は予想しています。

スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「母になる」は4月12日からスタートとなります。初回の視聴率は特に重要だと私は考えているので、ぜひ良いスタートダッシュを決めて欲しいと感じます。