2016年10月8日(土)から上映開始の映画「グッドモーニングショー」中井貴一主演の新コメディ映画。

監督は「踊る大捜査線」で知られる君塚良一で、その独特な作風を中井貴一にどう当ててくるかが見どころです。


劇を観る前に映画「グッドモーニングショー」あらすじとキャストを確認しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク


映画「グッドモーニングショー」あらすじ


eiga.com



幅広いジャンルに精通し、それらをお茶の間に伝える朝のワイドショーの顔・澄田真吾は今日、最大最悪の一日を迎えることになります。


その日は、サブキャスターの小川圭子から交際することを世に公開すると揺さぶられ、番組の打ち切りでキャスターが変わると告げられ…

終いには都内の立てこもり事件の犯人に「澄田を呼べ」と要求され…


澄田は番組視聴率のため(を名目に)、小川圭子との交際暴露を避けるため、澄田は現場に向かうことに…

タイムリミットは放送終了時、犯人を説得し爆弾爆破を阻止することができるのか!?


凶器を持った犯人にマイクとカメラで立ち向かう。

澄田はこの最大最悪の一日を乗り越えられるのか!?

映画「グッドモーニングショー」キャスト


natalie.mu

キャストは大物揃い…こんな喜劇、面白くないわけがない!?

澄田真吾:中井貴一

今作の主人公。

一日の間にぶっ飛んだ災難が立て続けにおき、立てこもり犯の要求に「澄田を呼べ」と言われてしまう。


演じるのは中井貴一。

言わずと知れた大物俳優で、悲劇から喜劇まで柔軟にこなし時代劇でもよく目にします。

実は安倍晋三総理と同じ成蹊大学出身。

小川圭子:長澤まさみ

小川圭子は澄田真吾に好意を寄せる女性。

生放送で「澄田と交際する」と公言しようとしています。


演じるのは長澤まさみ。

こちらも説明不要の女優ですね。

大河ドラマ「真田丸」のきり役でも活躍、2016年10月上映開始の「金メダル男」にも出演します。

三木沙也:志田未来

三木沙也はちょっとお堅い新人の女子アナウンサー。

澄田真吾のことを尊敬している様子。


演じるのは志田未来。

ドラマ「女王の教室」で中学生の神田和美役を演じ一躍有名になり、いろいろな作品で若い女の子を役を担当してきました。

そんな彼女は2016年8月に公開された「青空エール」を最後に制服を着ないことに。

大人になった志田未来、今後の演技にも注目が集まります。

青空エール映画キャストまとめ

澄田明美:吉田羊

澄田明美は真吾の妻。

最近ちょっと冷たい…予告では真吾の生命保険について考えているような発言をしているが…(笑)


演じるのは吉田羊。

現在非常に注目を浴びている女優で、2016年の10月はドラマ「コールドケース〜真実の扉〜」「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」で2つの主演を、映画「SCOOP!」「グッドモーニングショー」に出演ととにかく忙しい人。

映画「SCOOP!」あらすじ・キャストを紹介。誰がスクープされる?
吉田羊、10月からフジテレビとWOWOWでドラマ主演!

石山聡:時任三郎

石山聡は澄田真吾と同期のプロデューサー。

放送局から澄田真吾と立てこもり犯の交渉を援護(?)します。


演じるのは時任三郎。

代表作はドラマ「Dr.コトー診療所」シリーズや「アイ’ム ホーム」、映画「海猿」シリーズなど。

黒岩哲人:松重豊

黒岩哲人は警察の特殊部隊。

澄田を立てこもり犯の元へ安全に(?)送り届ける。


演じるのは松重豊。

松重豊といえばやはりドラマ「孤独のグルメ」シリーズ。

どんな旨そうな飯も、本当に旨そうに平らげる姿は見ていて飽きません。

ホラー映画の次に深夜に見てはいけない作品は間違いなく「孤独のグルメ」シリーズでしょう。
「孤独のグルメ」俳優・松重豊の3つの魅力とは?

西谷颯太:濱田岳

西谷颯太は澄田真吾と対峙する立てこもり犯。

精神はかなり不安定な様子。


演じるのは濱田岳。

2004年の「3年B組金八先生」に出演。

2008年には「アヒルと鴨のコインロッカー」で主演をつとめ、高崎映画祭最優秀主演男優賞を受賞。

KDDI au のCMの金ちゃんでもお馴染みですね。

その他キャスト

秋吉克己:池内博之
松岡宏二:林遣都
館山修平:梶原善
新垣英莉:木南晴夏
府川速人:大東駿介

スポンサーリンク


映画「グッドモーニングショー」の見どころ

グッドモーニングショーの面白いところは悲劇でありながら喜劇だというところです。

主人公本人としては圧倒的悲劇…ですが、観客としてみれば笑い転げるような喜劇です。

こういった作品をきっとブラックコメディーと呼ぶのだと思いますが、これだけの豪華キャストで、しかも日本人が主体のブラックコメディーはなかなかありません。


劇場で見る価値ありの作品であることに間違いはないでしょう。