実写版映画「銀魂」が7月14日から上映ですね。

「アニメの実写版はもうよせよ!」

と思いながらも、銀魂に限っては脚本・監督が福田雄一だけにどうしても見たいと思ってしまう今日この頃であります筆者です。

そこで、銀魂実写版に合わせてdTVでオリジナルドラマをやるらしいのである。


オリジナルドラマの情報から銀魂の映画情報まで、少しまとめてみようではないか。

スポンサーリンク


映画・ドラマ「銀魂」の日程について


銀魂の日程は以下のようになっている。

2017年7月14日(金):実写版映画「銀魂」を公開
2017年7月15日(土):オリジナルドラマ「銀魂」をdTVで独占配信

っておい!オリジナルドラマの方が遅いのかよ!!

オリジナルドラマと映画の上映はほぼ同時。

ということは、たぶんどっちから見ても楽しめるように、それぞれで完結するようになっているのであろう。


ちなみに、オリジナルドラマに関しては全3話を一挙に配信されるとのことである。

ドラマが1話分何分かはわからないが、おそらく合わせて1時間ほどのボリュームがあるのではないかと筆者は予想。

実写版デスノートのHulu独占配信3話もだいたい1時間程度で見れましたからね。うん。

ところで、dTVって何者なの?

dTVというのは月額500円でドラマ・映画・アニメが見放題で見れる動画配信サービスのこと。

このサイトのことね。
dTV


最新の映画とかは追加料金がかかるけど、500円で見放題はどの動画配信サービスと比べても格安。

ってか31日間の無料期間がついてくるし、相当サービスに自身があるということですねぇ。

いや、まぁ一度ハマっちゃうと抜けられないくらい素晴らしいサービスなんだけどさ。


ちなみに、銀魂に関しては1話〜236話まで配信中で、6月1日には237話〜265話まで配信される。

はっきり言って、映画「銀魂」へ向けてめちゃくちゃ力を入れているのだ。

こんな特設サイト作っちゃうくらいなんだから(笑)
dTV「銀魂」特設サイト

というわけで、ドラマ版にも期待して待ちつつアニメ版を見ておけばOKといったところか。

スポンサーリンク


映画「銀魂」の見どころって何なの?


映画「銀魂」はやっぱり監督が福田雄一というところがポイントだと筆者は思っている。

福田雄一といえば、勇者ヨシヒコシリーズだったり、変態仮面だったり、コメディードラマで異色かつシュールな笑いを作る天才と言える。

合わない人にはとことん合わない監督さんだろう(笑)


その反面ファンも多く、若い層からの支持も熱い。

筆者はおじさんだけど大ファンだ。

2017年春にも「中年サラリーマン左江内氏」という藤子不二雄の漫画を実写化したわけだが、

「あんな作品実写化とか無茶ぶりでしょ(笑)」と思いながら見てみるとやっぱり福田雄一ワールドであった。

というわけで、今回は銀魂という泥舟をどう福田ワールドと融合していくかが最大の魅力といえる。


そして、キャストも忘れちゃいけない。

現在ドラマ「CRISIS」でクールな役をこなしている小栗旬が銀さん。

そして、新八に若手の演技派・菅田将暉、10代〜20代前半には特に人気がある。

神楽は神がかり的な可愛さを誇る橋本環奈だが、鼻をホジるシーンが期待される。


福田雄一が彼らをどのように調理するのか見ものである。

まとめ

とりあえず、簡単にまとめると…

7月14日:実写版映画「銀魂」公開
7月15日:dTVにてオリジナルドラマ「銀魂」が独占配信

dTVってのはすごいサービスで、銀魂は橋本環奈の鼻ホジに期待。

dTV


以上!