ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(以後クライシス)」の平成維新軍…1話目でよく分からないニーチェの警告文を送りつけてきて依頼、第2話では完全に忘れていた存在でしたね。

クライシス3話はしっかり出てくるようなので、しっかりチェックしておきましょう。

スポンサーリンク


クライシス・平成維新軍とは?

平成維新軍は第1話で外務大臣の息子・宇田川圭介の首に爆弾を巻き脅迫しようとした黒幕集団です。

恐らく国家権力に反発するテロリスト集団です。

1話の最後には…


このような言葉を綴っているんですね。

国家は、善と悪について
あらゆる言葉を使い、
ウソをつく。
国家がなにを語っても、
それはウソだ。
国家がなにを持っていようと、
それは盗んだものだ
もうウソにはうんざりだ。
我々はウソをつかない国家を作る。
それはつまり、
人民からなにも盗まない国家でもある。
そのために我々は直接行動に出る。
ウソをつき、私腹を肥やす
政治家や官僚に、
我々は戦いを挑む。
そして、この戦いは我々が
根絶やしにされるまで、
終わることはないだろう。

平成維新軍

え、センスなくね?

というのは、フリードリヒ・ニーチェが綴った「ツァラトゥストラはかく語りき」の一節のようですね。


いやー、ちょっとネタに思えたのは私だけでしょうか(笑)

というか平成維新軍という名前がまずセンスないですよ。


やるなら「平成維震軍」にしないと…


ってちょっとわかりづらいネタでしたかね。


平成維震軍平成維新軍は国家を揺るがす存在になりうるか…

あと、1話で一瞬出てきた子供が伏線になりそう…と、1話が見れなかった方はFODかU-NEXTで見れますので、こちらを確認してみてください。

CRISIS(クライシス)ドラマ1話動画の視聴について


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「クライシス」の平成維新軍についてまとめました。

  • 国家権力を断罪するテロリスト
  • ニーチェの言葉を使うあたりのセンス…
  • 命名センスがない
  • 1話にチラっと映った子供が伏線?

というわけで、3話を楽しみにしましょう!