ドラマ「CRISISクライシス」のアクションシーンが激しいことで話題になってますね。

本人がアクションシーンを本当にやっているのか、気になる方も多いのではないかと思いますので、調べてみました。

ドラマの中で使われている武術についても触れながら考察していきます。

スポンサーリンク


ドラマ「CRISISクライシス」のアクションシーン

ドラマ「CRISISクライシス」のアクションシーンとてもかっこいいですね。


小栗旬さん(役・稲見朗)と西島秀俊さん(役・田丸三郎)は、ドラマ「クライシス」の為に1年前からアクションの指導や特訓を、受けていたんです。

ドラマ撮る前から特訓してたのはすごいですよね。1年前も前からなんですからね・・・なかなか1年も特訓なんて、できないです。

ドラマの脚本家の金城一紀さん自身も昔ボクサーになろうと思った時期もありましたが、今回の指導された武術は「カリ・シラット」で、金城さん自身もカリ・シラット習得しています。

カリ・シラットのことドラマ「クライシス」みて気になっている方も多かったです。


「クライシス」で使われているカリ・シラットって・・・?


ドラマ「クライシス」みて、アクションシーンが、とてもかっこいいので、ドラマで使われている武術カリ・シラットについて調べてみました。

カリとはフィリピンの武術の名前です。

カリの特徴は武器を持っている相手に素手で対応ができ、棒やナイフの使用もできる武術です。

シラットは東南アジア系武術です。

シラットはカリと同様素手以外にも武器を使いますが、空手のような感じで、形や組手をして稽古するときもあるようです。

カリ・シラットとはカリという武術とシラットという武術を合わせた武術ってことです。

ドラマ「クライシス」を見てSPを思い出す方も多いようです。



SPとクライシスは共通点がありまして、脚本家が金城さん、格闘シーンで使われる武術がカリ・シラットなどです。

スポンサーリンク


ドラマ「クライシス」のアクションシーン本当?


武術の特訓にしても、自らアクションは挑んでいる感じです。

本当にアクションを、あのメンバーなので本当にやっていると思われます。

本当にやっているのかなって思うようなすごいアクションシーンもありますが、それぐらいすごいアクションばかりってことです。

アクションも格闘シーンもこれからも楽しみで目が離せないドラマ「クライシス」です。


小栗旬さん(稲見)と西島秀俊さん(田丸)のこれからもどんな凄いシーン色々見せてくれるのかドラマの展開も、とても楽しみです。