7月スタートのドラマ「セシルのもくろみ」少し先ですが、どんなドラマなのか気になる方もいてるのではないですか?

主演は真木よう子さんです。

他にも豪華な女優さんが勢ぞろいなんです。

吉瀬美智子さん・伊藤歩さん・長谷川京子さん・板谷由夏さんたちです。

原作や皆さんの評判などもまとめてみました。

スポンサーリンク


セシルのもくろみの原作は・・?



原作はありました。

30代~50代の主婦層にすごく人気があるファッション誌『STORY』です。

2008年から2010年に連載されいて、たくさんの方に人気のあった小説『セシルのもくろみ』です。

たくさんの方がまだ7月で先のドラマなのに、気にかけている方が多かったです。

あらすじは、夫と子供と3人で幸せなだが、ぜいたくはできないけど、子供に少しでも多くのご飯食べさせることや、パート先のポテトサラダが人気なことささやかなことに幸せに満足していたんです。

ある日読者モデルとしてスカウトされたことによって生活が変化してくるんです。

今まで自分を美しく見せることなんて抵抗を感じていたぐらいなのに、トップモデルさんたちと接触しているうちに、自分もいつまでも美しくありたい・いつまでも愛されたいと願う女性たちのもくろみのようです。

嫉妬・見栄・禁断の男女関係など、激しい戦いが始まるのです。

そんな小説セシルのもくろみでは、女性のドロドロした関係を描いてたり、家庭と仕事の両立の難しさなども描かれていたり、女性の方々からは共感を得られるドラマになります。

小説を読んだ方は、やはり見てみようと思う方が多いのではないかなって感じました。



セシルのもくろみ評判はどうなの・・?



原作の小説『セシルのもくろみ』は、たくさんの方が読んでいて評判は良かったです。


名前のない女神やファースト・クラスのようなドロドロ感が評判になっているってこともあるかもわかりませんね。

真木よう子さん(役・宮地真央)は読者モデルにスカウトされて人生が大きく変わってしまいます。

吉瀬美智子さん(役・浜口由華子)は「ヴァニティ」のカバーモデルすべてにおいてパーフェクト奈央の最大のライバルです。

伊藤歩さん(役・沖田江里)は「ヴァニティ」のライター読者モデル奈央とコンビを組みます。

板谷由夏さん(役・黒沢洵子)は「ヴァニティ」の編集部デスクで、奈央をスカウトした方です。

長谷川京子さん(役・安永舞子)は「ヴァニティ」の元モデルNo2で、減殺はテレビコメンテーターとして活躍してます。

女性からのとても支持が高い方たちなので、ファッションや髪型にも注目ですね。

皆さんのコメントに共感しましたと言ってる方が多かったです。

スポンサーリンク


これからもっとドラマ『セシルのもくろみ』のことがわかってくるのではないかと思います。

知れば知るほど気になってしまうドラマ『セシルのもくろみ』って感じですよね。