映画「悪の教典」は貴志祐介の小説を原作に制作された作品です。

ジャンルはバイオレンス・ホラーで、過激なため表現があるためR15指定の映画となっています。

キャッチコピーは…「まるで出席を取るみたいに、先生はみんなを殺し続けたんだ。」


映画「悪の教典」を無料視聴する方法と感想・評価をまとめます。

スポンサーリンク


「悪の教典」を無料視聴する方法

img_0
blogs.yahoo.co.jp

映画「悪の教典」はHuluという動画配信サービスで見ることができます。

Huluは月額933円で配信されている映画が全て見放題のサービスで、スマホやパソコンから快適に高画質で映画を楽しむことができます。

もちろん、ドラマやアニメも!


そのHuluは2週間無料でサービスを使いたいだけ使えるんです。

「悪の教典」以外にもいろいろな作品を無料視聴できますので、ぜひこの機会に試してみてくださいね。


Huluで今すぐ視聴
※ クレジットカードが手元になかったら、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いを選ぼう!もちろん2週間以内に解約すれば無料です。


無料視聴期間だけお試ししたい場合は、解約し忘れにご注意を!

「悪の教典」のあらすじ

87629_original
topicks.jp

蓮実聖司は、晨光学院町田高校の英語教諭である。生徒から絶大な人気を誇り、職員やPTAの間でも信頼が厚い。格闘技を含むスポーツもでき頭脳明晰だが、その正体は決定的に他者への共感能力に欠けた生まれついてのサイコパス(反社会性人格障害)で、邪魔者は躊躇せず簡単に殺害するサイコキラーだった。

スポンサーリンク


「悪の教典」の感想・評価

「悪の教典」は貴志祐介さん原作の小説で、私は既に入手して読んでいました。

伊藤英明さん主演で映画化され、Huluでも配信されていると知り、早速観てみました。

監督が三池崇史さんであること、生徒役に二階堂ふみさんや染谷将太さんなど、今注目の若手俳優を起用している点も話題となった映画です。


何と言っても、蓮実聖司役の伊藤英明さんがぴったりでした。

表の顔は、これ以上無い位に生徒に寄り添う模範的な良い先生なのに、本当の正体は冷酷で凄惨な殺人も平気で犯す人格障がい者。

このとんでもないギャップを、伊藤英明さんが実に上手く演じています。

端正な顔立ちが、優しい先生と冷酷な殺人者のどちらにも似合う俳優さんです。


ストーリーも原作に忠実で、序盤のカラスのシーンは大変良く描けていました。

大袈裟な演出でなく、淡々と描くところが三池ワールドなのかもしれません。


スマホを使ったカンニングを企てたり、女子高生が先生に恋したり、ともすれば同性愛の問題まで、1本の映画にしてはたくさんのテーマを含んだ映画でもあります。


終盤に向けて、蓮実聖司が生徒ひとりひとり出席を取るように殺していくシーンも、原作のイメージ通りに進んでいました。

凄惨なシーンもたくさんあるのに、何故か蓮実聖司が単なる大量殺人鬼に見えないのが不思議です。

原作を読んだ時、ラストで続編を期待したように、映画に関しても、更なる蓮実聖司を見てみたいという気持ちになりました。

もちろん、続編があったら伊藤英明さんに演じて欲しいです。


続編も見たいということは、即ち、この映画は観て損はないということ。

次回のためにも、感想を読んでいただいたあなたにもオススメします。

Huluで今すぐ視聴
※ クレジットカードが手元になかったら、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いを選ぼう!もちろん2週間以内に解約すれば無料です。