ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディングテーマのダンス、あなたは練習してますか?

あのダンスの振り付けってちょっぴり不思議な感覚だけど、どこか可愛げがあっていい感じだと感じちゃいますよね。


振付師はMIKIKOです。


“え?誰?”


って思っちゃいました?

実は私もMIKIKOって名前は聞いたことがなかったんですが、ちょっと調べてみると…


“あー!あの振り付けも担当してる振付師さんなんだね!”


と納得してしまいました(笑)

ってかめちゃめちゃ凄い人なんですね。


そんな逃げ恥ダンスの振り付けを担当しているMIKIKOについてご紹介します。

スポンサーリンク


逃げ恥ダンスの振付師「MIKIKO」


オリンピック応援ブログ

MIKIKOは現在39歳の振付師兼演出家で、本名は水野幹子。


MIKIKOは学生時代にバレエやストリートダンスに触れ、20代の頃にMAXのバックダンサーとして活躍。

舞台「DRESS CODE」の演出と振り付けを手がけ、その後ニューヨークで舞台演出を学びます。


帰国後は東京を拠点に振付師・演出家として活動してきました。

振付師MIKIKOの振り付け

代表的なアーティストを聞けば「あーあー、なるほど!」と思うはずです。

Perfume

「Perfumeの振付師さん」と聞いた時点で何か逃げ恥のダンスと似たようなものを感じる人もいるでしょう。



MIKIKOの振り付けでよく見られるのが、1:03あたりの走る動きや、2:38あたりの腕をグルグルしてあげる動きですね。

あと、2:43あたりからのチョコを作って味見するシーンなど、曲のテーマに合わせた振り付けを加えていますね。




こちらでも1:58あたりに走る動きを入れてきていますよね。

また、腕と足の連動のさせ方、腰の動きなどもMIKIKOの振り付けの大きな特徴です。

BABYMETAL

こちらはPerfumeよりも少し激しめの演出や、足を大きくあげる振り付けが目立ちます。



こちらも0:42あたりと2:03あたりで走るシーン

そして逃げ恥ダンスにも通じる部分が、1:05の手を交互に前方に出す動きで立体感を感じられる点や、サビの手を合わせてからバイバイするところ。

指の動きまで細かいですよね。




こちらではサビで顔に手を添えるシーンが見られます。

というのも、MIKIKOは顔に手を添えることで「女性らしさ」を表現できると考えているからなんです。

プリキュア

筆者はプリキュアファンであるにも関わらず、MIKIKOのことを全く知らなかったことに落胆しています。

個人的プリキュア史上最高傑作のプリンセスプリキュアのエンディングテーマがMIKIKOの振り付けだったとは…



こちらはお子様でも踊りやすいように作られていますね。

ただ特徴はやはり出ていて、0:58の部分で手を添えるシーンがモロMIKIKO節です。

リオ五輪

リオ五輪で披露されたトーキョーショーでは、日本の技術を総動員したような演出がされました。

その中で、中田ヤスタカ×振付師MIKIKOの最強タッグがあったんですね!



見れない場合はこちらから!
動画リンク


中田ヤスタカはPerfumeの音楽を手がける方で、日本が世界に誇る逸材。

そして曲は椎名林檎×SOIL&”PIMP”SESSIONSの曲に移行します。

筆者はSOIL&”PIMP”SESSIONSのライブに足を運ぶレベルで大ファンなので、曲が変わった瞬間に鳥肌が立ちましたよ(笑)


この素晴らしい構成で披露されたトーキョーショーの中にMIKIKOの振り付けが入っていたとなると、今後注目せずには入られませんね!

スポンサーリンク


まとめ

逃げ恥ダンスの振付師MIKIKOについてまとめましたがいかがでしたでしょうか?

逃げ恥のダンスは下記ページでまとめておりますので、一緒にご覧ください。
逃げ恥ダンスの振り付けを解説【初心者向け】完璧でなくてもOK?

「逃げ恥」はU-NEXTで見ることができます!

“逃げ恥1話から見てないんだよねー”
“大事な回なのに見逃しちゃった!”

そんなあなたへ、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」はU-NEXTにて2017年9月30日まで配信しています!

スマホでも見れるので、通勤・通学やトイレの中、病室などでもお楽しみください!

↓登録3分!こちらをクリック!↓

筆者のちょっと変わった趣味のおすすめはこちら!
U-NEXTで見放題のおすすめ作品20選!迷ったらこれだ!

コミックまだ見てないの?

今なら1巻全部無料立ち読みできます。(2016年12月31日まで)
逃げるは恥だが役に立つ 1巻立ち読み