ドラマ「砂の塔」の犯人、毎度想像を超える展開に頭が混乱してきますよね(笑)

7話では弓子と健一の関係性が明らかになり、和樹の闇がより深く見えた一面がありました。

砂の塔7話を見た時点での犯人予想、ネタバレをしていきたいと思います。(ネタバレとは言っても予想ですが)


ネタバレ見る前に…見逃した回があるならこちらから!
砂の塔動画1話・見逃し配信はこちら!

スポンサーリンク


砂の塔7話までの状況整理


ネタCUBE

ハーメルン事件の犯人の手掛かりや、犯人と疑わしい人物の情報を整理します。

弓子の情報

弓子は健一と過去に結婚しており、和樹を産んだ張本人でした。

殺人を過去に犯しているようで、それに健一が関与しているかは未だ不明。

また、和樹のクリスマス用の靴下に謎があるようですが、現状解決していません。


当然ハーメルン事件の犯人としても疑われる存在ですが、動機は見つかっていませんし、ハーメルン事件との関わりも今のところほとんど明らかになっていません。

ハーメルン事件の犯人は、その現場近くに黄色いカーネーションを置いていくことから、フラワーアレンジメントをしている弓子であるという予想は立てることが可能です。


生方の情報

生方は体育教室の先生で子供の扱いはお手の物。

亜紀に恋心を抱きつつも、健一の存在と亜紀の母親という立場に葛藤しているというところでしょうか。(それが真実なのか、視聴者には怪しまれているようですが)


ハーメルン事件とは現状関わりは見せないものも、ハーメルンの誘拐にあった女の子はボールを持って”内緒のお友達”の元へ遊びにいくような行動を見せていました。

ボール=運動=生方?という見方ができなくもありません。


また、失踪した幼児が山梨県で見つかったときには、生方は静岡県で紅葉狩りをしていました。

静岡と山梨はお隣の県…紅葉狩りの道中にもしも山梨に立ち寄ったとしたら…

疑われる余地はいくつかあるようです。

阿相夫婦説

タワーマンションのボスママ・寛子と旦那・武文という説も一部であるようです。

寛子はボスママってだけであまり疑われてはいませんが、問題は武文。


武文は健一に副業をさせており、その内容が完全にブラック(おそらく人身売買)です。

健一はそのような犯罪に付き合わされるも、会社の関係上それを断ることはできません。


しばらくこの二人はご無沙汰していますが、健一に再度副業の仕事が入ってくる可能性が大なので、再びこれがハーメルン事件と関わってくることも考えられます。

武文も直接的な犯人ではない可能性はあっても、”共犯者”という可能性があるとみて良いでしょう。

お兄ちゃん説

こちらも犯人もしくは共犯者であると予想していた人もいるようです。

しかし、7話ではお兄ちゃんは親がどうこうよりも、不良たちにイジメを受けることに恐怖していたようでしたので、犯人の疑いは多少晴れたのではないかと思います。


裏で撮っていた写真は展覧会で発表するためのものだったようですが、そらはその写真の評価に疑問を抱いていましたよね…うーん、何かこの写真にまだ謎が隠されているのでしょうか。(話は逸れますが、肖像権大丈夫なのかな…)

砂の塔7話・筆者の犯人予想

7話では弓子がかなり感情を表向きに出していた回でした。

その感情に嘘があるようには私には思えませんでしたので、弓子は和樹を守ろうとして行動しているものとみられます。

和樹を守ると言っても、亜紀から奪い取ろうとしているようにも見えますが、亜紀には守りきれないと判断したためかと予想しています。


つまり何を言いたいのかというと、弓子がハーメルン事件の犯人ではないということです。

行動する理由は「和樹」であり、子供ではないということですね。

むしろ、ハーメルン事件の犯人は子供であることから、和樹も年長ながら子供ですので「ハーメルン事件から和樹を守ろうとしている」ということなのではないでしょうか。(そらちゃんも襲われるのかもわかりませんが…)


筆者の犯人予想は生方で現状固まっています。

やはりあそこまで亜紀に突っかかってくるのは怪しいですし、一応生方も「隣人」ですからね。元ですけど。

山梨と静岡の件もちょっぴり怪しいですし、子供をなだめるのは上手いだろうし…


亜紀の心情に漬け込んで不倫関係を作り、「ダメな母親認定!」みたいな感じで手をひっくり返すんじゃないかなーなんて妄想もできますよね。

というわけで、筆者の犯人予想は生方で決まりです。

スポンサーリンク


砂の塔7話・みんなの犯人予想

砂の塔7話が終わった直後のツイッターより犯人予想を引用します。


生方さん疑われすぎやろ!!

まとめ

やっぱり砂の塔はハーメルン事件の犯人が気になって仕方がないですよね。

まぁ、実際のところそこに砂の塔の面白さが詰まっているのかというと違うかもしれませんが…


サスペンスながらミステリー。

今後も想定できないような展開が待ち受けているんでしょうね!

それでは8話をゆっくり待ちましょう。