ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の衣装って石原さとみが注目されがち…

ですが、地味に菅田将暉のファッションも見逃せません!


“そもそも、菅田将暉ってどんなファッションが似合うの?”


菅田将暉の衣装について、”ネット界のピーコ”と呼ばれる(自称)筆者の視点からファッションチェックしてみました。

スポンサーリンク


校閲ガール・菅田将暉のファッション

まず、校閲ガールに出演している菅田将暉にはどんなファッションが適しているのか…


そこでひとつ参考になるのは「パーソナルカラー」です。

パーソナルカラーとは肌の色や目の色、髪質や髪の色から、マッチする色の種類のことを言います。

大きく分けて4通り「スプリング」「サマー」「オータム」「ウィンター」があり、それぞれに特徴があります。


それぞれのパーソナルカラーによって、似合う色の組み合わせが異なります。

もちろん、必ずしもそれらの色でコーディネートする必要はありませんが、パーソナルカラーのアクセサリーを首元につけてあげたりするだけで見栄えが大きく変わってくるほど効果は大きいです。

あなたのパーソナルカラーもこちらから調べてみると良いでしょう。
パーソナルカラー診断


blanc39.com

“ところで、菅田将暉のパーソナルカラーは?”

菅田将暉のパーソナルカラーはウィンターです。

クールで奇抜、モードでエレガントなファッションが似合います。


ウィンターは日本人では10%ほどしかいない珍しいタイプで、ファッションモデルとしても貴重な存在でしょう。

“日本人が着ても似合わないだろうな…”

という服の多くは「スプリング」か「ウィンター」で、ウィンターは特にモードで先進的なイメージを持つので日本ではあまり見ないんですね。


菅田将暉はそんな日本人には真似できないような服も着こなすことができちゃうということです。

こんな菅田将暉が校閲ガールでどんなファッションをしているのか見ていきましょう。


他で「ウィンター」のパーソナルカラーを持つ芸能人は以下の通り。
オダギリジョー、松本潤、福士蒼汰、きゃりーぱみゅぱみゅ、堀北真希、柴咲コウ、武井咲


ウィンターのカラーまとめ(菅田将暉に似合う色)

ameblo.jp

校閲ガール・菅田将暉の衣装

ウィンターがモードを感じさせる色と言えば、「ホワイト + ○○」な組み合わせが多いです。

例えば、ホワイトとブラック、ホワイトとダークブルー、ホワイトとパープルなど、白を交えてコントラストで強調したようなのはモードのイメージが強いと思います。


しかし、菅田将暉が校閲ガールで演じる役は、奇抜なキャラではありますが貧乏大学生といったイメージ…

実は校閲ガールの衣装にはあんまり白を使っていないんですね。


ORICON STYLE

ワインレッド、ダークグリーン、ブラックの組み合わせで、まさにウィンターカラーです。

白を使わないウィンターカラーで攻めることによって、奇抜だけどモードじゃないイメージを出してきているように思えます。


校閲ガールまとめ

こちらはグレーをベースの服です。

柄はスプリングカラーで組み合わされているようですが、グレーがベースになっているので違和感はほとんどありません。

グレーを抜いて柄の色だけの服を想像すると少し違和感がでますよね?

モードな菅田将暉は?

校閲ガールでの菅田将暉はモードな服をあまり着ないのがちょっと残念…

というところでオススメしたい菅田将暉のモードなファッションの作品をご紹介します。

それが、2016年10月29日から公開されている映画「デスノート デスノート Light up the NEW world」です。


Gozzip

こちらは菅田将暉のパーソナルカラー・ウィンターから白と黒が特に強調された衣装で登場します。


映画「デスノート Light up the NEW world」は映画デスノートシリーズの続編ですが、完全にオリジナルの新作です。

その話へと繋げる短編ドラマ「デスノート NEW GENERATION」(全3話)が動画配信サービスのHuluで独占配信されています。(もちろん、映画の過去作やアニメもHuluで全部見れます)


Huluでは、校閲ガールも見逃し配信されていていますので、菅田将暉が出演する新作デスノートを見るついでに校閲ガールを見直してみるのはいかがでしょうか?

14日間無料です。

Huluはこちらから登録できます。



デスノートは当サイトでも特集しておりますので、詳しく見たい方はこちらの記事も合わせてご覧ください。
映画「デスノート Light up the NEW world」あらすじ・キャスト
デスノート Light up the NEW world 紫苑の折り紙がすごすぎるwww