ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」で活躍中の本田翼ですが、演技が下手だと裏で話題になっています。


記事のタイトルに「校閲ガール本田翼の演技が下手すぎ」なんてつけちゃいましたけど、筆者個人の意見としては「演技が上手くはないけど下手でもない」ってところです。


本田翼の演技が下手くそだと言っている方の大半が女性っぽいので、先日放送された校閲ガール4話のキスシーンで火がついたものかと…

あ、ただキスシーンは全然上手くなかったですね(笑)

そちらは石原さとみに軍配があがるのではないでしょうか。
校閲ガールの原作にキスシーンはあるの?石原さとみと菅田将暉は?


正直、本田翼は昔に比べてかなり演技が上手くなりました。

昔は確かにセリフも棒読みで、明るいキャラをやらせると右に出るものはいないレベルで下手くそでした(笑)

まず、過去のドラマ出演の演技を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク


本田翼の演技「恋仲」


ショートヘア、ショートボブ、髪型総合情報 B-cafe

本田翼は2015年にドラマ「恋仲」にヒロインの芹沢あかり役で出演していました。

そのときの演技はもう下手で下手で…(上の画像から既に伝わったと思いますが)


「棒読み」ならず、「棒演技」とまで呼ばれて、残念ながら見てるだけでジワジワくるレベルです。


主演は福士蒼汰、ロケ地は自然が美しい富山県、ドラマ離れの若年層を狙ったターゲッティングと評価すべき点も多い作品ですが、本田翼の演技に批難があったのは少しもったいないところです。

本田翼は演技に勝る可愛さがあったから、個人的にはどこか許せる感じはしましたが(笑)


当ページの最後に、かの有名な”バイバイ”のシーンを見れるリンクを貼っておくのでお楽しみに。

本田翼の演技「校閲ガール」


RUNRUNSKIP.com

では今回の校閲ガールはどうでしょうか?

恋仲ではすこぶる明るい役柄でしたが、校閲ガールの森尾はどこか気だるい雰囲気を漂わせるキャラクター…


個人的には気だるい感じが上手く表現されていて、すごく評価できる演技をしていると感じています。

今までの本田翼がやってきたものとは少し違ったキャラクターで、決して簡単なキャラではないのに違和感はほとんどありません。(むしろ上手くなったことに違和感)

森尾のような捻くれた嫌なキャラクターの方がハマり役だと思います。


まさに、こちらのツイートに大賛成な私です。



周りにレベルの高い演技をする役者が揃っていることでちょっと浮いて見えることもあるかもしれませんが、私は本田翼の演技はその中でも十分な力を発揮していると感じています。

ただ、キスシーンは下手(笑)

■追記2016/11/9(水)ーーー
森尾が元気を出してからちょっと演技の下手さが出てきましたね。

本田翼が「フフフフッ!」って笑った瞬間は鳥肌が立ちました(笑)

それでも、前後の演技はやっぱり上手くなったと感じさせるレベルです。

スポンサーリンク


まとめ

本田翼の演技は前に比べて格段に上手くなりました。

そして、元気なキャラより嫌なキャラの方が似合っています。


また、「校閲ガール」だけでなく2016年10月8日に公開された本田翼主演映画「少女」が上映中ですが、こちらの作品でも演技の上達ぶりが見えます。

笑顔が一切ない暗いキャラを演じています。
映画「少女」のあらすじとキャスト。湊かなえ原作で話題!


本田翼の演技、校閲ガールをもう一度見直してみてはいかがでしょうか?
校閲ガール動画1話無料視聴する方法はこちら!


最後に、こちらが飲み会の帰りに一部でトレンドになった恋仲の”バイバイ”の演技です。
本田翼「バイバイ!」 from 恋仲

ジワジワきて笑ってしまったら、シェアしましょう(笑)