就活家族 4話、とにかく洋輔にもやもやする回でした。


洋輔のおかげで富川家は今日も明るいです。

家族っていいですね。

そんなのんきな富川家を見て、あなたはどう思いましたか?


今回は就活家族 4話のあらすじと感想をまとめます!

スポンサーリンク


就活家族 4話あらすじ



ホストへ通う水希(黒木瞳)のことを心配しながら、同窓会に参加する洋輔(三浦友和)

同窓会に同席していた夏野(キムラ緑子)からは、彼女が立ち上げた事業の悩みを持ち掛けられます。


かつては、ファッションや音楽の業界で働くことを夢見ていた栞(前田敦子)

3話のこともあり、会社では居づらい雰囲気に・・・
就活家族 3話 感想あらすじ 悪徳塾に洗脳される光。栞の枕営業。

課長からのパワハラは激化し、栞はついに反論します。


希望であった出版会社へ押し売り就活をする光(工藤阿須賀)

その様子が編集長の目に留まり、アルバイトとして採用され必死に働きます。


水希への心配が収まらず、洋輔は出張と偽り水希の尾行。

ホスト 真咲(長田成哉)のアシストもあり、水希への疑いは晴れて安心する洋輔。

その夜、会社に呼ばれた洋輔は情報流出の責任をとり無職となります。


「家族に嘘をつく自分をつくづく嫌になる。」

そう愚痴をこぼす洋輔。


夏野の相談に乗る洋輔は、夏野の事業が予想以上の成長性で、人材不足であることを知ります。

夏野は洋輔を事業へ迎え入れるつもりでいるとのこと。

今の自分の状況を考えると、願ってもいない話に悩む洋輔。


その後、国原(新井浩文)に失業したことがばれて失業したことを家族へ打ち明ける決心がつきます。


新しいマイホームを見に行く富川家。

光からは取材の依頼。

栞は会社を辞めることを決意。

水希も学校での問題に悩みを抱えます。


なんだかんだ洋輔は、家族全員から頼られてしまい、失業したことを打ち明けられませんでした。


5話へ続きます。

就活家族 4話 感想



3話までは、「こういうの共感できるでしょ?」っていう押し売り感がありましたが、4話は自然に「あー、あるねー」という感じで観れました。

就活家族にハマってます。



洋輔が、お金の心配をしてパチンコに行ってしまうところなど、日本ドラマではよくありますね。

現実逃避とギャンブルでお金が儲かれば・・・なんて一時の甘い考えで足を運んでしまう。

いっそのこと、”パチンコ家族”なんてどうですか?

深夜ドラマみたいになっちゃいますね。すいません。


栞の発言「もっとやりたいことにこだわれば良かった。ファッションとか音楽とか・・・」

これに共感できる若手社会人の方、多いんじゃないでしょうか?若手だけじゃない?


始めは夢をみて就職活動に臨むものの、現実を知り限界を決めて妥協をしてしまう・・・

現実は辛いですね。


ちなみに、光が「出版業界へ行きたい」ということってこれまでに言ってました?笑

事前に伏線が無かったので「そうだったの?」と気持ちがバタバタ。

アルバイト採用で大丈夫だった?人生かけてるよ?と親心を見せる筆者でした。


色々言ってますけど、富川家への災難が癖になってます。



そんな富川家を見て、「勇気をもらえた」という人もいれば、「現実はもっと辛いよ」と呆れる人で分かれそうですね。

筆者はどちらかというと前者で、「就活家族」は良い教訓となっています。

あなたはどっちですか?

就活家族 4話 ツイッターでの反応

就活家族 4話のツイッターでのみんなの感想をまとめます。










少数ですが、黒木瞳が慕うホストが優しいという意見もあり。



分かります。あんなホストなら行ってみたいです。

ホスト 真咲を演じる長田成哉も、水希との会話中も細かい表情を作っていて演技が上手でした。



塾長演じる新井浩文、怖いですね。


怒鳴ったり、殴ったりとかではなく、内面からじわじわ来る怖さがあります。

って本人がツイート!相変わらず面白い俳優さんです。

就活家族 国原役 新井浩文!死んだ目俳優で人気らしいけど・・・

スポンサーリンク


まとめ



就活家族 4話のあらすじと感想をまとめました!


失業のことを家族へ告げられない洋輔に筆者はもやもやしています。

このもやもやを抱えたまま一週間を送るのは辛いです。笑


就活家族 5話 予告動画



5話でやっと失業したことを家族へ打ち明けられそうですね。


またまた、洋輔の浮気疑惑?辛い立場すぎます。

洋輔のおかげでまとまろうとしてた富川家が、5話では崩壊の危機!楽しみです!