「就活家族〜きっと、うまくいく〜」衝撃の3話。

人の妬みや洗脳、男女のどろどろなど、現代の闇を集約したような3話でした。


今回は「就活家族〜きっと、うまくいく〜」3話のあらすじ・感想をまとめます。

スポンサーリンク


「就活家族」3話 あらすじ


川村(木村多江)の叔父の会社で働くこととなった洋輔(三浦友和)

就職内定祝いと川村からは高級腕時計を贈られます。


「家族の問題に首は突っ込み過ぎてはいけない。」

公園仲間から忠告を受けるが腑に落ちない洋輔。


”キレイな洋服を着ないと営業が成約しない”と思い、仕事に悩む栞(前田敦子)

栞は、営業の為に婚活パーティに参加します。

お金持ちの医師と出会い密室の車内で襲われそうになるが、枕営業だけは耐えられずに逃げ出す栞。

栞は彼氏?の真壁(渡辺大)の家へ行くと、課長の中原(山本未來)とばったり出会う。

実は、真壁と中原は繋がっていたことが明らかに。


一方、就活に難航していた光(工藤阿須賀)は何とか内定を手にします。

しかし、洋輔は離職率の高いブラック企業に入社しようとする光のことを心配します。

さらに、問題のブラック企業と光が通う悪徳就活塾は裏で繋がっていたことが発覚。

何とかを就活塾を辞めさせようと国原(新井浩文)の元へ向かう洋輔。


不覚にも、手にしていた会社の機密文書を国原に見られます。

国原は手に入れた機密文書を盾に、洋輔の会社を脅します。

会社は国原に対してお金で解決をしようとし、自宅待機を余儀なくされる洋輔。


学校の手違いで、誤った学校へ入学をした学生 佐藤へ謝りに行く水希。

水希の努力空しく、佐藤は懐柔する余地はない様子。

佐藤の父からは「息子と同じ思いをしてみろ。」と目の前で服を脱ぐことを強要され受け入れます。

深く傷ついた水希は、洋輔に話も聞いてもらえずホストへ通う・・・


3話へ続きます。

「就活家族」3話 感想


「就活家族」3話を観ての感想は”こんな家族嫌だなー”と思いました。

富川家の4人それぞれに問題が起こり、すでに家族4人誰もが正常な人間として機能していません。

ここで富川家4人の現状をまとめます。


光が通う就活塾に振り回され、軽率すぎる行動で会社を危険にさらす洋輔。

洋輔と光の問題が繋がるのは予想外でした。

機密文書を見られるって、社会人として問題ありすぎるでしょ・・・


就活塾に洗脳されてどんどんとのめり込む光。

もう完全にいっちゃっている。

国原へ陶酔し、父親の声も聞こえません。

工藤阿須賀が真顔で国原のことを支持する感じが、やばさ増してます。

”ネットを見ればどこもブラック企業”というのもすごく共感できました。

現代の日本の闇をうまく映してますね。


ジュエリー会社からのパワハラにより、おかしな方向に精を出す栞。

栞に関しては”自業自得”ですよね。

見た目を変えれば状況が変わると思い込み、できもしない枕営業に乗り出して頓挫。

分かりきっていた”ダメ女”です。


彼氏?の真壁もいい感じにムカつくキャラです。

渡辺大、いい仕事してます。


”許してくれるなら”と学生の父の言うことを真に受け、傷つきホストへ通う水希。

誤った学校へ入学してしまった学生 佐藤の宅へ足を運んで謝罪するものの、なかなか受け入れてもらえません。

ついには、いじめられていた佐藤と同じ思いをしろということで服を脱ぐことに・・・

3話では、水希の立場が一番辛かったと筆者は感じました。


さらに夫の洋輔にも話を聞いてもらえず、富川家の誰よりも深い傷を負っているのではないでしょうか。

職場の学校や家庭では明るく振る舞い、なんでも要領よくこなしていっているだけにギャップが激しいですね。


この4人がそれぞれの問題に対して、今後どのように対処していき逆転することに期待したいです。

スポンサーリンク


まとめ


「就活家族〜きっと、うまくいく〜」3話のあらすじ・感想をまとめました。


「就活家族」とタイトルだけではコミカルなイメージでしたが、蓋を開けてみるとかなり闇の深いドラマです。

次回、4話では洋輔が家族へ失業の秘密を明かす?

楽しみにしたいです!