木曜ドラマ「就活家族」

ドラマに登場する富川光を演じるのは俳優 工藤阿須加です。

工藤阿須加は「ルーズヴェルト・ゲーム」や「家売るオンナ」と人気ドラマに出演したのがきっかけで話題の俳優となりました。


工藤阿須加ってどんな人?演技は上手いの?と思われているあなた。

今回は、工藤阿須加の演技や彼に関してまとめます!

スポンサーリンク


工藤阿須加の父親はあの有名人!


Naverまとめ

1991年8月1生まれ 埼玉県出身

父親はプロ野球ソフトバンクホークス監督の工藤公康です。


Marble[マーブル]

そして、工藤阿須加の妹はプロゴルファーの工藤遥加。

スポともGC通信

見事なスポーツ家族ですね。

学生時代はテニスに熱中



そんな、スポーツ家族に恵まれた工藤阿須加。

当然彼自身も、スポーツに打ち込んでいた時期がありました。


学生時代はテニスに明け暮れる日々。

彼はプロを目指す程、熱心に取り組むのですが怪我が原因でプロの道は断念。


現在でもテニスの実力は衰えず、テレビ番組の企画で腕前を披露することも。

世界の錦織圭とハンデありで対決をする企画では、なんと工藤阿須加が勝利!


Marble[マーブル]

ハンデはあったとして、錦織圭に勝つなんてすごいですね。

工藤阿須加 俳優を志す

将来の夢を失った時、俳優の道へ進むことを父親へ明かします。

父親からは「甘い世界じゃない」と一度は反対をされます。


しかし、工藤阿須加が20歳になった時には父親も納得をして俳優の道を歩み始めます。

父親の工藤公康は彼の子ども達に対してこのように語っています。

子供には「今この時」を大事にしてほしい。「やりたいこと」を見極めるには、時に遠回りをもあるはずです。でも、そのもどかしい時間が肥やしになって、初めて子供なりの「やりがい」が生まれてくるのではないでしょうか。


親心が素晴らしいですね。子どもがやりたいことはやらせてあげる。

そんな父親のもとで育ったおかげで、多くの人に愛される俳優になったのでしょう。


工藤阿須加の演技はどうなの?

工藤阿須加が俳優として注目を浴び始めたのが2013年「八重の桜」


Marble[マーブル]

俳優としてはまだ駆け出しで、演技にはあどけなさが残るものの彼の父親が工藤公康ということで話題になりました。

まっすぐな演技と端正な顔立ちでファンになった人も多いようです。

でまかせで「ルーズヴェルト・ゲーム」に出演!

社会人野球がテーマの2015年のドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」


ドラマのオーディションでの合格の条件には「野球ができること」

工藤阿須加はオーディションの際「野球できます!」と豪語するものの実は野球経験は無し。笑

「ルーズヴェルト・ゲーム」への出演が決定し、父親 工藤公康にボールの投げ方を教えてもらったようです。


しかし、野球好きの私から見ても「ルーズヴェルト・ゲーム」での工藤阿須加は野球やってる感出てましたけどね。

さすが、運動神経が良いだけありますね。


野球姿も相まって、熱い演技がとにかく映えた工藤阿須加。

彼自身も「思いが伝わった」と演技に手ごたえがあったようです。



大好評!家売るオンナ


ドドド通信

2016年北川景子主演のドラマ「家売るオンナ」

まっすぐで実直な役を演じ切り「演技が上手くなった」「かっこいい」と好評でした。

同年には連続テレビ小説「あさが来た」を出演し、演技にも慣れてきたのでしょうか。


「家売るオンナ」で工藤阿須加を観たい!というあなた。

↓Huluに登録でお手持ちのスマートフォン、PCでの視聴が可能です!

スポンサーリンク


まとめ

工藤阿須加の演技や彼の素性に関してまとめました。


木曜ドラマ「就活家族」では21歳の新卒大学生 富川光を演じます。




就職活動と言えば、大手病、無い内定、お祈りメールなどネガティブな言葉ばかりが出回るイメージ。

悩みを抱える大学生も多いのではないでしょうか。


そんな、大学生の悩みを訴えるのも「就活家族」の見どころです。

工藤阿須加の演技に期待します!