ドラマ「小さな巨人」と「半沢直樹」がとても似ていることが視聴者のあいだで噂になっていますが、小さな巨人と半沢直樹と比較して視聴率はどれほどの差があるのでしょうか?

また、後編からどのような展望になっていくのか考察していきます。

スポンサーリンク


小さな巨人と半沢直樹の視聴率を比較


小さな巨人と半沢直樹の視聴率を比較すると以下の通りです。

話数小さな巨人半沢直樹
113.7%19.4%
213.0%21.8%
311.7%22.9%
413.5%27.6%
513.9%29.0%
629.0%
730.0%
832.9%
935.9%
1042.2%

グラフにすると…



この通り、半沢直樹は前半からガンガン視聴率を上げているのに対して、小さな巨人は平面的な視聴率となっています。


今後は和田アキ子や梅沢富美男、ユースケ・サンタマリアの出演により、視聴率をどう左右していくか見どころとなっていますが…

残念ながら和田アキ子については不評が多い様子です。

というのも演技がイマイチなイメージが強かったり、あとはバラエティ面に行き過ぎたようにおもった視聴者が多いのでしょう。


で、小さな巨人の視聴率は全体的に半沢直樹よりも低いことがわかりますね。

ただ、「ドラマ離れ」と言われているように、ドラマ自体全体視聴率が落ちているんですね。

21時22時台のドラマ全体の平均視聴率は半沢直樹が放送されていたとおり、13.73%もあったのに比べて今季ドラマの平均は現状9.90%

平均して3.8%も減少していることを考慮しても半沢直樹がどれだけ恐ろしいドラマだったのかがわかりますよね。


それでも今季ドラマの中でも小さな巨人は高視聴率のドラマ、今後の伸びに期待したいところです。

スポンサーリンク


ドラマ離れの理由


ドラマの視聴率が落ちているのは確かなのですが、本当にドラマ離れが起こっているのか…というとそういうわけではないと思っています。

なぜかというと、ドラマを動画で見ている人が近年増加しているからですね。


特に、PandoraTVやDailymotionといった海外の動画サイトにアップロードされている無料で見れる動画で見ている人が多いようです。

残念ながら、それらは無料で見れるのですが違法アップロード動画なので見てはいけないものです。


小さな巨人の再放送を見たいのであればU-NEXTのような動画配信サービスで見ることをおすすめします。

毎週ドラマを時間通りに見なくてもよくなるので、通勤の電車内で見れたり時間の効率がよくなります。

↓U-NEXTを見てみる!


まとめ

小さな巨人と半沢直樹の視聴率を比較についてまとめました。

結果を一言でまとめると、「やっぱり半沢直樹の方がすげえ」って話ですね。


やはり二番煎じという印象がどうしても強いのでしょう。

長谷川博己の演技についても賛否両論で、堺雅人を意識しすぎと言われてたり…うーん、個人的には好きなのですが。


ただ、警察内部の権力について描いた切り口は小さな巨人の最大の魅力かと思いますので、今後もそこに焦点を当てて視聴を続けていきたいと思っています。