ドラマ「奪い愛、冬」の元彼役が誰なのか…あらすじを見て気になっていた方もいらっしゃいますが、ついにキャストが公表されましたね。

元彼役は大谷亮平です。

2016年秋ドラマで大ヒットした逃げ恥こと「逃げるは恥だが役に立つ」でも大活躍だった大谷亮平について、どんな役者なのか筆者の視点から解説していきます。

スポンサーリンク


奪い愛、冬の元彼役・大谷亮平


あ、そうだったんだ!

とりあえず、筆者は逃げ恥でしか大谷亮平を見たことがないのですが、ネクストブレイクするであろう俳優に名を上げようとしています。

初めて見たときはぶっちゃけ「竹野内豊って…演技下手になったなー…」と勘違いしてしまいました(笑)


そうそう、演技についてですが下手という意見が多いんですね。


ポジティブな意見も少なからずあります。


「イケメンだから演技が許される」のか、「イケメンだから良い演技は許されない」のか…

まぁ、天は二物を与えずって捉え方をしている方もいるようです。


筆者的にはやっぱり演技は下手だと思っています。

特に逃げ恥の合間に割り込んでくる車のCM(日産ジューク)は衝撃的でした。

いや、あのCMのおかげでむしろ大谷亮平の演技に病みつきになりかねないです(笑)

大谷亮平は韓国で活躍していた

大谷亮平は記事を書いている現在36歳という歳なんですが、実は韓国で俳優活動をされていたんですね。

大谷亮平が出演していた韓国映画「バトル・オーシャン 海上決戦」は大ヒット作ですし、韓国ドラマ「朝鮮ガンマン」では金丸役(かなり主要人物っぽい)で韓国の俳優賞に選ばれているようです。

こんなやつです。
バトル・オーシャン/海上決戦 [DVD]
朝鮮ガンマン DVD-BOX1<シンプルBOXシリーズ>(6枚組)


その後、日本にやってきてブレイクしそうな予感がしている役者ということですね。


つまり、ディーン・フジオカさんみたいなイメージなのかな?

と思って調べてみたら、「第2のディーン・フジオカ」と呼ばれているみたいですね(笑)

逆輸入俳優っていうんだって。へぇ〜。

奪い愛、冬の元彼役ってどんな役?

そんな大谷亮平がドラマ「奪い愛、冬」で演じる役は元彼・森山信です。

主人公の池内光(倉科カナ)が死ぬほど愛していたのが森山信で、とある事情で森山信側から一方的に別れを告げたといいます。


その後、光と再会…別の人と結婚していた森山信に光はまた惹かれていくことに…

光の婚約者の奥川康太と奪い愛(奪い合い)をする存在ということでしょう。


ちなみに、森山信は逃げ恥に続きハイスペックイケメンな設定。

仕事でも有能なんですね。

しかし、今作「奪い愛、冬」はムズキュンではなく”ドロキュン”と呼ばれています(笑)

変化した環境で大谷亮平がどう順応していくかが魅力になりそうです。

スポンサーリンク


まとめ

まとめると以下のとおり。

①大谷亮平は演技が下手だが、その演技に病みつきになる可能性あり。
②大谷亮平は逆輸入俳優「第2のディーン・フジオカ」と呼ばれている。
③「奪い愛、冬」でもハイスペックイケメンだが環境はドロキュン。


ドロっとしたドラマが苦手な筆者ですが、大谷亮平目的だけに見たいドラマです。