“「嘘の戦争」と「銭の戦争」って別物?”
“全く違うストーリーなの?”


2017年1月から開始のドラマ「嘘の戦争」ですが、草なぎ剛主演のドラマで2015年に「銭の戦争」というものもありました。

嘘の戦争と銭の戦争はどのような共通点があるのかについて追求していきます。

スポンサーリンク


嘘の戦争のあらすじ

246717
シネマカフェ cinemacafe.net

母と弟を殺し、自ら無理心中した父――けれどそれは、仕組まれた殺人事件だった。
その犯人の顔を見てしまった9歳の主人公・浩一は、警察に「犯人は父ではない、自分は真犯人の顔を見た」と繰り返し証言するが、信じてもらえない。それどころか、「嘘つき」と呼ばれ、親戚からも、奇異な目で見られることに。 やがて彼は呼び名の通り、巧みな嘘つきに成長。タイに渡り、名前を変えて、偽の経歴を手に入れて詐欺師となり、記憶の中の真犯人と再会。復讐することを誓い、日本に戻ってくる。殺人事件当夜に起こった真実に迫る中で浮上する関係者たち―。30年の時を経て事実を知った浩一は、詐欺師ならではの手法で、事件関係者たちに罠を仕掛ける。 さらに、スキャンダルを暴き、犯罪者としての顔も暴き、社会的に抹殺しようとする浩一、しかしそれを阻もうとする大企業の社長との間で熾烈な攻防戦が繰り広げられていく…。 この壮絶な復讐劇の果てに、浩一は思いを遂げることが出来るのか――?! また相棒の女性詐欺師、さらに、大企業会長の愛娘の女医も登場。浩一を巡る三角関係、複雑な愛憎劇も巻き起こる――。 鮮やかな“ダマし”で積年の恨みを晴らす爽快な復讐劇、運命を惑わす禁断の三角関係などを、ときにはシリアスに、ときにはユーモラスに描き、先が気になるスリリングな展開で視聴者を魅了する!


整理すると…

  • 主人公は詐欺師の浩一
  • 過去に家族が何者かに殺された
  • 浩一は殺人事件当時の関係者に復讐をしようとする
  • 三角関係もあるよ

といったところでしょうか。

嘘の戦闘と銭の戦争の違い

嘘の戦争と銭の戦争との関連性が気になるところですよね。

一つ一つ整理していきます。

復讐シリーズ第2弾

嘘の戦争と銭の戦争は“復讐シリーズ”という位置付けのようですね。

嘘の戦争が生まれたことにより、晴れてシリーズ化したというところでしょうか。


草なぎ剛のシリーズ物といえば”僕シリーズ3部作”というのもありまいた。

2003年「僕の生きる道」、2004年「僕と彼女と彼女の生きる道」、2006年「僕の歩く道」のことですね。

ストーリーは全く別物

「銭の戦争」は金も仕事も女も失ってしまったホームレスが闇金業者になって社会に対して復讐するお話でした。

今作「嘘の戦争」はあらすじをおさらいした通り、草なぎ剛がまったく別の境遇の人物を演じることとなっていますので、銭の戦争と嘘の戦争は全く別のストーリーということになります。(もちろん主人公の名前も違いますので)


コンセプトとして「復讐」という点は共通といったところですね。

原作は存在しておらず、オリジナル脚本となっております。

製作陣に注目

脚本・後藤法子、演出・三宅喜重、プロデューサー・河西秀幸で送られる嘘の戦争ですが、この陣営は銭の戦争と全く変わりません。

前作・銭の戦争を楽しめた人なら、嘘の戦争は充分に期待できる作品ということですね。


嘘の戦争は銭の戦争よりも一層スケールアップしているとのことですし、キャストも豪華なので期待しましょう。

スポンサーリンク


まとめ

タイでの撮影もあったようで、草なぎ剛もタイ語のセリフに挑戦したんだとか。

かなり練習して流暢なタイ語を喋ったという草なぎ剛のグローバルな強さが発揮されたようです。

銭の戦争に続く復讐シリーズ第二弾「嘘の戦争」をお見逃しなく!

嘘の戦争はフジテレビオンデマンドで視聴可能

FODプレミアムも初月無料です。
ロゴ

嘘の戦争グッズはこちら!

嘘の戦争 クリアファイル

嘘の戦争 インコメモ帳