2017年1月10日(火)21時から、草彅剛さん主演の連続ドラマ『嘘の戦争』の放送が始まります。

草彅剛さんは、SMAP解散後すぐの主演ドラマということで、既に多くの注目を集めているドラマです。

ドラマ『嘘の戦争』は、2015年1月に草彅剛さん主演で放送されたドラマ『銭の戦争』の続編というわけではなく、「復讐シリーズ」第2弾ということになります。

『嘘の戦争』というドラマタイトルを見て、嘘で闘うの?それとも、”戦争”は嘘なの?と興味を惹かれ、ドラマを調べてみると、タイトルからは想像できないワクワクするような内容でした。

そこで1月から放送がはじまるドラマ『嘘の戦争』のあらすじと原作についてまとめてみました。

スポンサーリンク


ドラマ『嘘の戦争』基本情報

e0dd17c6da31e5d968ebf0dfc40cd532
KAI-YOU.net

放送開始:2017年1月10日~ 初回2時間スペシャル
放送時間:毎週火曜日21時~
放送局:関西テレビ制作・フジテレビ系

嘘の戦争 あらすじ

嘘つきは復讐の始まり。

母と弟を殺し、自ら無理心中した父…。

仕組まれた殺人事件によって家族を失った9歳の少年・浩一は、犯人の顔を見ていました。

浩一は警察に「犯人は父ではない、自分は真犯人の顔を見た」と証言しつづけましたが、誰にも信じてもらえないばかりか、「嘘つき」と呼ばれ、親戚にも見放されてしまいます。

どこへ行っても「嘘つき」呼ばわりされた浩一は巧みな嘘つきに成長しました。

海外に渡り、名前を変えて偽の経歴を手に入れ、詐欺師となった浩一は、記憶の中の真犯人と再会し、復讐することを誓い日本に戻ってきます。

殺人事件当夜の真実に迫る中で明らかになっていく事実..。

詐欺師ならではの手法で、30年前に起きた事件の関係者たちを罠にはめていく浩一。

積年の恨みを晴らすため、様々な方法で復讐を試みますが、それを阻もうとする人物が現れ..!

鮮やかな騙しで復讐に力を注ぐ傍ら、浩一を巡る三角関係が巻き起こる..!

爽快な復讐・運命を惑わす三角関係・複雑な愛憎劇を、ときにはシリアスに、ときにはユーモラスに描く、先が気になるスリリングなドラマ!


ということですが、あらすじだけですっごく気になります!

ドラマ『嘘の戦争』には”嘘つきは復讐の始まり”というキャッチフレーズが付いていますが、あらすじの感じだと、”嘘つき”ではなく、”嘘つき呼ばわりされた”ことで、浩一は詐欺師へと変貌を遂げたわけですね。

浩一が渡った海外とはどこなんでしょうか。

そして、どのような手法で復讐劇を繰り広げていくのか、詐欺の手口にすごく興味があります。

人の心理を誘導する詐欺師を演じる草彅剛さんの演技にも注目ですね。

ドラマ『嘘の戦争』原作は?

最近のドラマは、漫画や小説などを原作にドラマ化している作品が多く、「復讐シリーズ」第1段の『銭の戦争』の原作は同タイトルの韓国ドラマでしたので、『嘘の戦争』にも原作があるのか調べてみました。

しかし、『嘘の戦争』は原作を見つけることはできませんでした。


完全オリジナルドラマということですが、脚本を手掛けるのは後藤法子さんということがわかりました。

「復讐シリーズ」第1段の『銭の戦争』を創る際、韓国ドラマを日本風にアレンジして、曲本を書き起こしたのも後藤法子さんです。


後藤法子さんはこれまで数々の人気ドラマを手掛けています。

最近の作品でいうと、『チーム・バチスタシリーズ』・『都市伝説の女』・『家族ノカタチ』といったドラマの脚本を担当しています。

いま挙げた3作品を比べても、作風は様々で、シリアスな中にもユーモアを絶妙に織り込む後藤法子さんが、今回の『嘘の戦争』の脚本を手掛けるということで、より一層期待が膨らんできました!

「嘘の戦争」と「銭の戦争」の違いは?関係性について

スポンサーリンク


まとめ

ドラマ『嘘の戦争』は初回2時間スペシャルということで、第1話から贅沢ですね。

草彅剛さん演じる浩一は、詐欺師としてどのような復讐劇を見せてくれるのでしょうか。

2017年1月10日から放送が始まるドラマ『嘘の戦争』は脚本家・後藤法子さんによる完全オリジナルドラマということで、誰も結末がわからないドラマです。

これからの展開を予想しながらハラハラ・ドキドキ、毎週の放送が今から楽しみですね!


こちらの記事も合わせてどうぞ!(R指定-18)

嘘の戦争ロケ地がソイカウボーイ!?タイ随一のヤバい場所