ラストコップ8話を見た感想をまとめます。

今回はかなり面白いと感じましたが、ところどころ感じたのが「どんだけシーズン1見て欲しいの?笑」ってこと。

あと、羽生結弦くんの演技が素晴らしかったですね。(これのおかげでリアルタイムでラストコップ見れませんでした笑)

スポンサーリンク


ラストコップ8話のあらすじ

20160928-lastcop
CINRA.NET -シンラ

京極(唐沢寿明)と亮太(窪田正孝)は、武装集団の制圧のため、とある廃ビルに乗り込もうとしていた。そこにはなぜか、神野(小日向文世)も同行。刑事ドラマのような派手な銃撃戦が見たくてたまらない神野は、早く武装集団のいる場所へ突入するよう、京極たちを焚き付ける。
京極と亮太は神野にあきれつつ、二人で武装集団のもとへ。京極と亮太が武装集団と対峙していると、ふらふらと神野が現れる。武装集団は、神野を狙って銃撃。その時、神野をかばった亮太が撃たれてしまう。亮太は撃たれた衝撃で階段から転げ落ち、頭を強打。そして、意識不明に陥る。

亮太は病院に運ばれるも、何日も意識不明のままだった。結衣(佐々木希)をはじめ、みんなが眠り続ける亮太を見守るしかない。そこに京極が現れ、亮太の目を覚まさせる“特効薬”を持ってきたと言い出す。それは、「卒業」を歌う斉藤由貴のDVDだった。京極は、自分を30年の眠りから覚ましてくれた斉藤由貴の歌なら、亮太も目覚めさせるに違いないと考え、彼女に直訴して亮太のためだけに歌ってもらったという。誰もがありえないと思いながらも斉藤由貴のDVDを流すと、奇跡が起こる。亮太が覚醒したのだ。しかし、京極たちが喜んだのも束の間、亮太は、すべての記憶を失っていた。

自分が何者なのかも、京極たちのこともまったく分からない状態の亮太。京極は、亮太の記憶を取り戻そうと決意する。亮太の前でこれまでの事件で遭遇した出来事を再現しようと、ふなっしーと再会したり、ビル飛び越えジャンプを試みたりと、あの手この手で亮太の記憶を呼び起こそうとするが、うまくいかない。
京極と亮太が銃撃戦を繰り広げた武装集団は、「プロメテウス」という闇の武器ブローカーだった。松浦(藤木直人)はプロメテウス逮捕のために記憶を失った亮太を利用しようと考え、亮太に捜査を続行させると言い出す。大反対する京極に対し、亮太は捜査に加わりたいと希望。亮太は松浦と組むことになり、京極と亮太の最強バディは解散の危機に…!


で、実際の話をざっくりと話すなら…


松浦は亮太とコンビを組み、京極は若山とコンビを組みます。

そして、亮太は松浦を信頼して行動を共にしますが、それでもスマホの中に入っている京極との写真が気がかり…


京極は武装集団に一人で突っ込みピンチに…そこに、記憶が戻らないが体が勝手に動いた亮太が京極を助けにきます。

結局二人ともリンチに会いますが、武装集団に殺される直前の京極の叫びと、8話冒頭で神野が食べていたアンパンと武装集団の食べていたアンパンが重なり記憶が戻ります。


いつものごとくハチャメチャアクションで敵をぶっ飛ばしてめでたしめでたし…

最後には見捨てられたと感じた若山が松浦をクロロホルムで眠らせて車に乗せて立ち去って行きました。

ラストコップ8話の感想

今回のラストコップは亮太の記憶を取り戻すために、シーズン1に出てきた斉藤由貴とふなっしーのシーンを再現する流れでした。

これは何やら「過去作を見てくれ!」と言っているようにしか感じませんでした。


過去作って実は圧倒的にシーズン2より面白いんです。

今よりずっと亮太がおとなしくてぶっ壊れていないというか、そういう点で亮太目線で京極を楽しめるドラマだったので。

今作シーズン2は最初から亮太が壊れすぎていてぶっちゃけ面白くないんですが…


まぁそんなことはどうでもよくてですね…今回はちょっと露骨だなーと思っちゃいました(笑)

話の流れと窪田正孝の演技が素晴らしかった分残念です。


窪田正孝の演技は最近ラストコップではぶっ壊れ演技ばっかりだったので、弱々しい亮太が久々に見れてよかったです。

特に、武装集団にリンチされる京極を助けにきた時、プルプル震えながら登場したシーンが、シーズン1の1話で見せた”威嚇射撃”のシーンを彷彿とさせるものだったので。

シーズン1の1話のときみたいに新鮮な気持ちでラストコップが見たいなーと感じましたね。


あと、若山と菜々子ちゃんのくだりが個人的お気に入りです。

菜々子ちゃんのスマホに「キモ山」って名前で入っていて、若山が送りつけてくるキモい写真にハマりっぱなしの菜々子ちゃん…

今後の発展に期待がかかりますよね(笑)


あと、個人的に若山を演じる竹内涼真は結構お気に入りの役者ですね。

別に特別演技が上手いとかじゃないんですけど、見てて清々しいというか、絶対悪いやつじゃないよなって思わせる役者だと思います。(悪役も何度かやってるんですけどね)


そして、次が見たくなって仕方がないのは若山が松浦を連れ去ったところ…

次回予告で神野の部屋で二人とも何もなかったかのように並んでいたので、多分冒頭何かしらの二人のコメディシーンから始まるんじゃないかと予想しています。

スポンサーリンク


まとめ

ラストコップ8話の感想で一番言いたかったのは、「やたらとシーズン1を見てほしそう」ってこと。

つまり、Huluに加入してくれ!って言ってるんですね(笑)


ラストコップのシーズン1は地上波で放送しておらず、Huluの独占配信ドラマだったんですね。

で、シーズン2も日テレとHuluの共同作成で作られたドラマなので、「Huluに登録してください」ってメッセージだと思っています。


確かに、シーズン1はシーズン2よりもずっと面白いし、実際に評価も高いです。

そしてHuluは私も加入していますが、これほど素晴らしいサービスは他にないと思っています。

8話は羽生結弦くんの演技を見ていて最初からラストコップを見れなかったのでHuluで見てましたからね(笑)


というわけで、以下のリンクからなら14日間無料でHuluを試せますので是非体験してみてください。



通勤や通学の電車の中でラストコップシーズン1を見るのもいいですね。

以上、ラストコップ8話の感想でした!