竹内涼真の人気が爆発して、ドラマや映画の出演数も増えてきてワクワクしている筆者です。

私はHuluという動画配信サービスでラストコップを見てるんですが、竹内涼真が出てたのが再び警察役で出てきて歓喜ですよ。


まだまだ初々しいですが、仮面ライダードライブのときよりも演技の腕を上げてきていますね。

そんなこんなでブレイクしている竹内涼真について語っていこうと思います。

スポンサーリンク


ラストコップでの竹内涼真のキャラは?


Twitter

竹内涼真ってラストコップでどんなキャラしてるかご存知ですか?

主人公の京極浩介(唐沢寿明)を潰しにかかる神奈川県警本部の係長警部・若山省吾として出てくるんですが…(てか23歳で係長警部ってやばすぎ)

どうしても憎めない役なんですよね(笑)


望月亮太(窪田正孝)の同期という設定で、亮太がライバルでスピード出世を狙っているようです。

いやー、仮面ライダードライブだけあってスピードは重視なんですね。


ラストコップの第2話で、京極を追う亮太を止めるシーンがあるんです。

そこで、「京極に関わらないほうがいい」だとか「出世しそうだ」なんて長話をしだして、かなりのウザキャラなんですが…

「お前を松浦さんに推薦してやってもいいと思ってるんだ…」

と亮太に持ちかけてきます。(松浦は省吾の上司)


「ただし、1つ条件があるんだ…」


その条件が…


“結衣と同期の菜々子ちゃんを紹介してほしい”


という条件だったんですね(笑)

例え敵チームであっても、飽くまで自分の事を中心に…

そしてちょっと可愛げのある欲望を条件にしてくる竹内涼真のキャラクターはどこか憎めないです。

演技はそんなにうまくなくない?


Bimajin

見る人によって評価は変わると思いますが、一般的には結構うまいと評価されているようです。

個人的には”キャラによるかなー”と思っていますが。


仮面ライダードライブの最初あたりは、結構ガッチガチな演技でしたね。

けど、竹内涼真は覚える吸収力の高さが評価されており、仮面ライダードライブでも20話目くらいにはかなり慣れた演技をしていました。


そして、映画「青空エール」では土屋太鳳と共演したんですが、そのときはすごくいい演技してましたね。

こんな爽やかボーイ、“惚れない女がどこにいる”と言わんばかりの力を見せつけたと思います。


とはいっても、やはり大御所と比べるとまだまだって感じが出ていて、今回のラストコップもどこか初々しさが見えるなーと思います。


演技どうこうより、竹内涼真は人柄が良さそうなんで、そこが魅力的なんですけどね。

仮面ライダー見てからファン余裕でした。

スポンサーリンク


竹内涼真のラストコップを動画で見る

竹内涼真出演のラストコップはHuluという動画配信サービスで見ることができます。

そもそもラストコップはHuluと日テレの共同制作なんですよね。


で、竹内涼真は出てきませんが、2015年に放送されたラストコップも見れたりします。

あと、竹内涼真が出演する作品「時をかける少女」も見ることができますし、「臨床犯罪学者 火村英生の推理(7話〜10話)」にも出演してたりしますね。


竹内涼真のファンになっちゃった…という方は、これを機会にHuluを試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに2週間無料で全動画見放題です。

ラストコップ動画の無料視聴はこちらから。


以上、ラストコップの動画と竹内涼真についてお伝えしました。