ガキ使2017「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」で恒例のバスネタ、今回のドラマ番宣枠は鈴木亮平の「銭形警部」と、松坂桃李&住田萌乃の「視覚探偵 日暮旅人」でした。

この記事ではドラマ「銭形警部」について詳細までご紹介します。

スポンサーリンク


ガキ使2017の鈴木亮平「銭形警部」ネタの全貌


ナタリー

毎回恒例のバスネタのトップバッターとして鈴木亮平とオードリー若林が登場!

鈴木亮平は銭形警部、若林は部下の刑事役。

鈴木亮平「このバスで間違いないのかぁ?」

若林「はい、このバスにルパンが乗り込んでいるという情報を入手しました。」

鈴木亮平「なるほどなぁ〜…おい、お前たち。本当にこの中にルパンがいるなら、もう逃げられんぞ〜!おとなしく出てこい!」


鈴木亮平はガキ使メンバーの中に犯人がいるのだという。

そこで銭形は先ほど捕まえたという五右衛門(遠藤の父)と次元(遠藤の弟)を呼び出す。

若林「おい、五右衛門!この5人の中のどいつがルパンか言ってみろ!」

遠藤の父「わしは分からねぇです。」


まったく五右衛門っぽくない喋りに笑いを隠せないガキ使メンバー。

若林「警部、なかなか口を割らないですね。こいつら…」

鈴木亮平「そうだな〜…いいか?俺はなぁ、ドラマの宣伝がしたいだけなんだ…」


はっきり堂々とメタ発言を続ける鈴木亮平にガキ使メンバーは笑わざるをえない!

ルパンは色仕掛けに弱いと見て不二子を呼ぶ鈴木亮平。

遠藤の母「私が不二子よぉ〜ん!」


遠藤の母はセクシーさを見せつつ方正を引っ叩き、父と仲間割れして40年ぶりのキスで仲直り。(上島×出川の再現)

次元と浜田も同じパターンでキスすることに(笑)


銭形警部はさらに警視庁で一番セクシーな女、遠藤の妻を呼び出す!

そして遠藤に対して普段の怒りをぶつけることに…

遠藤の妻「章ちゃん、なんで結婚指輪買ってくれないの?結婚式あげたいのに指輪がないなんてオカシイじゃない!」

遠藤「え、でもそれは、あのー…時間あったときに買いに行こうって話してるもんなぁ?」

遠藤の妻「買おう買おうって、もう1年も経つんだよ!」


この後も遠藤の妻の話は続き、てんとう虫のサンバの替え歌で次々に遠藤のプライベートが暴かれたのちに鈴木亮平たちは去って行きました…

ドラマ「銭形警部」の番宣

ガキ使2017では鈴木亮平が自ら「番宣に来ただけ」とメタな発言を見せたわけですが、そのドラマは2017年2月10日からスタートする「銭形警部」のことです。



役者が鈴木亮平なのですごく若く見えますが、声モノマネの完成度が高い!

本当にいろんな役ができちゃう鈴木亮平、役作りに力を入れることでも有名ですが、さすがですね〜。


銭形警部ってドジな刑事に見えますが、実際はかなり優秀。

優秀だからこそルパンぐらいしか相手になる悪党はいないとも解釈できますね。

普通の人間が銭形に追いかけられればそりゃ簡単に捕まってしまいますよね!


そんな銭形警部が難事件を解決していく物語、それがこの実写版ドラマ「銭形警部」なんです。

ドラマ「銭形警部」は放送が3部に分かれています。

金曜ロード SHOW!

まずは2017年2月10日(金)21:00に金曜ロードショーで放送されます。

こちらは地上波のスペシャルドラマ放送となりますが、この後に連続ドラマ版がHuluとWOWOWで2種類放送されます。

Hulu

Huluでは連続ドラマ「銭形警部 〜真紅の捜査ファイル〜」が配信。

2017年2月10日(金)から全4話配信スタートとなります。

  • 凶弾から少女を守れ!
  • 謎のドクロ犯罪集団を追え!
  • 立てこもり事件の人質を救え!
  • 銭形の愛した女

特に最終回が気になるところ…ルパンファンとしては必見か?

実はアニメ版ルパン三世2ndの「とっつあんの惚れた女」にて銭形警部はローラ・ジョーンズという女性を本気で愛したのですが、同じ女性の話になるのでしょうか?

Huluの登録はこちら!


ちなみに、Huluでは2017年1月15日までガキ使2017も放送されています。

14日間無料でサービス使い放題というぶっ壊れたサービスです。

WOWOW

一方、WOWOWで放送されるのは連続ドラマ「銭形警部 〜漆黒の犯罪ファイル〜」です。

2017年2月19日(日)から全4話配信スタート。

  • 友よ静かに眠れー前編
  • 友よ静かに眠れー後編
  • 高度一万メートルの陰謀
  • 過去を捨てた男

WOWOWのご登録はこちら!


スポンサーリンク


まとめ

ガキ使2017で番宣されたドラマ「銭形警部」についての紹介でした。

ちなみに、メインキャストはオードリー若林ではなく、三浦貴大と前田敦子です(笑)

ドラマ全体としてのまとまり、実写としての完成度、またルパンシリーズならではの大野雄二の音楽にも注目していきたいところですね。