カルテットロス

カルテットロスとは?

説明しよう、「カルテットロス」とは、ドラマ「カルテット」が終了したことにより不思議な喪失感に見舞われ…

「カルテットのない火曜日なんて…考えられない!?」
「カルテットがないと私…生きていけないの!!」


という心理状態に陥ってしまうことを言うのだ!


はい、というわけで決してカルテットが解散するとかそういう意味ではございません。茶番になりましたが、カルテットの喪失感がやばい人はしっかりその喪失感を解消していきましょう。

カルテットロスの前例

実は、カルテットロスの方は続出するだろうと思われますが、実はカルテットの前に放送されていた「逃げるは恥だが役に立つ」でも同じように「逃げ恥ロス」というものが流行し、世界の滅亡寸前にまで陥りました。

その時は日本中が声を上げて「逃げ恥ロスの患者を治療しなければ…!!」と奮起。

逃げ恥の代名詞でもあるダンス付きの主題歌「恋」がいたるところで流されるように…星野源は紅白を始めとする歌番組に次々と出演、忙しすぎて体調不良になり日テレの「ベストアーティスト2016」に急遽出場辞退というまでになってしまいました。


ようやく逃げ恥ロスが解消されてきた今日この頃ではありますが、クイズ番組などでも未だに「恋」が流れていたりするわけです。クイズと全然関係ないのに(笑)

「逃げ恥なくて寂しい!」→「逃げ恥はもういいよ!」

こんな気分になりかけている筆者ですが、今回のカルテットロスはどうだろうか?カルテットのテーマは椎名林檎作曲で一人で聴いている分には幸せですが、残念ながらテレビで多用されることはなさそうです…

というのも、視聴率は平均9%あたりで、右肩上がりに視聴率が伸び続けた逃げ恥には到底およばない…


カルテットだって逃げ恥に負けないレベルで良い作品だった…
逃げ恥は広くロスが蔓延したのに対して、カルテットは深くロスが残り続ける可能性があるわけです。

カルテットロスの解消法

さてさて、カルテットロスの深刻さがわかったところで解消法を紹介していきます。

唐揚げを食べる

唐揚げ

「は?」

と思う方もいらっしゃることでしょうが、ドラマのワンシーンを思い出しながら家族で唐揚げを囲みながらレモンをぶっかけてあげるのはどうでしょう。

カルテットといえばやはり唐揚げが印象的。第1話の序盤から意表を突かれた人も多いのではないでしょうか?

高橋一生が「不可逆」を語りだすくらいブチ切れたシーン…あれこそカルテットというドラマの印象を明確に表現した第一のシーンだったと私は思っているんですよね。


そして最終回も…最後の10分で唐揚げが帰ってきます。
みんな小皿に取り分けて…しっかりレモンもそれぞれ…というのは、最終回を見てればわかりますよね(笑)

うん、今夜のご飯は唐揚げにしよう。
Thank you パセリ。

カルテットのシナリオブック

実はカルテットのシナリオブックが売られているんです。1話〜5話まで収録した第1巻、そして6話以降を収録した第2巻に分かれていますので、買うのであれば両方合わせて購入したいところ。


シナリオブックなので、小説のようなものとはまた違っており、脚本そのものが載っているのです。

役者たちの会話や心理描写を楽しむことができ、このドラマのモヤっとした雰囲気を理解するためにも読んでおくと、より一層カルテットを楽しむことができるでしょう。ドラマを見るだけでも十分役者の魅力を感じるとは思いますが、シナリオブックを読むとより一層その魅力が浮き彫りになるのもポイントです。

「我こそはカルテットファンだ!」という方には必須のアイテムですね。

カルテットのCD

カルテットは主題歌から挿入歌まで、さすが音楽に関わるドラマとだけあって秀逸です。

個人的にはウッドベースの低音が体に響くグルーヴの挿入歌なんかが好きで、素直にサントラ買うのもありかなーなんて思ってます。


あとはやっぱり主題歌ですよね。「おとなの掟」がめちゃくちゃこのドラマの世界観に浸れる曲なんですよ。

私はもともと椎名林檎さんの曲が好きだったりしますし、作詞作曲に感謝です。ピアノもヒイズミマサユ機さんですよね。うん、いいよね。PE’Zも東京事変も好きだから、ほんと体に染み込む感じです。


カルテットをもう一度全部見る

まぁ、カルテットロス解消の最終手段はコレですよね。特に、シナリオブックとか買っちゃったら、もう一度見るしかなくなっちゃいますし。

カルテットを無料で1話から最終回まで見る方法については以下の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。(ついでに逃げ恥も全部見れちゃいます。)

ドラマ「カルテット」の動画を1話から最終回まで無料で一気に見る方法!


まとめ

カルテットロスの解消法についてご紹介しましたがいかがでしょうか?

よりカルテットロスの症状が悪化してしまったならごめんなさい。
→計画どおりです。

カルテットにどっぷり浸れるのは今だけですから、今期ドラマにカルテットが放送されたことに感謝して、グッズを購入してみるのも良いのではないでしょうか?

火曜夜10時のドラマは今後もいい作品が続いていってほしいですね。